福島市福島県

位作山 陽林寺

JR福島駅から南へ6.5kmの地点、位作山と呼ばれる山中に陽林寺があります。ここは16世紀初頭、盛南禅師によって開かれた曹洞宗の寺で、当時の伊達郡桑折西山城主だった伊達稙宗公が帰依して寺領五百石を寄進、自ら開基となりまし…

続きを読む
福島市福島県

土合館跡

伊達実元の隠居城として知られる八丁目城から南東1.5kmの地点に標高228.1mの土合山があり、山上には土合館が構えられていました。土合館を東館、八丁目城を西館とも呼び、この土合館は八丁目城の支城でしたが、その規模は大き…
伊達郡国見町福島県

町指定史跡 石母田城跡

福島県北部に位置し「阿津賀志山の戦い」でも知られる伊達郡国見町。その阿津賀志山の麓に、伊達氏の重臣・石母田氏の居城とされる石母田城がありました。高さ4mの土塁で囲われた本郭、二の郭、三の郭からなる複郭式の平城で、北側最高…
伊達郡国見町福島県

町指定史跡 藤田城跡

伊達郡国見町の南端に通称「源宗山」と呼ばれる高地があり、ここに藤田城が築かれていました。中心部の主郭は東西180m・南北160mの平場で、西側に土塁跡、北西隅には枡形虎口が残されています。かつては南に二の郭、北に北の郭が…
福島県郡山市

山王館跡

福島県中部に位置する郡山市の南東に久保田(旧窪田村)の集落があり、南境を流れる逢瀬川の北方、現在日吉神社がある丘陵に山王館がありました。天正十六年(1588)政宗と佐竹・蘆名氏ら連合軍が逢瀬川を挟んで対峙した郡山合戦の際…
福島県郡山市

麓山神社

小十郎坦から北東250mの位置に小高い丘があり、羽山、稲荷、塩釜の三社権現を祀ったこの地域の鎮守、麓山神社があります。ここは天正十六年(1588)伊達軍と佐竹・蘆名連合軍が戦った郡山合戦の際、伊達家本陣となった場所で、後…

続きを読む
福島県郡山市

片倉小十郎陣所跡 小十郎坦

福島県中通り中央に位置する郡山市。市内を流れる逢瀬川と阿武隈川が合流する地点から北へ1.4kmの地点に、小十郎坦と呼ばれる小高い丘があります。ここは天正十六年(1588)伊達軍と蘆名・佐竹連合軍との戦いである郡山合戦の折…
二本松市福島県

万人子守地蔵尊

福島県中通り北部、現在の二本松市小浜地区に、奥州における唯一の子供の守護神として名高い万人子守地蔵尊があります。今ではすり減り原形を留めない姿となりましたが、天正年間、伊達輝宗公が宮森城主として居住の折、我が子政宗の身体…
伊達郡国見町福島県

伝伊達成宗墓

福島県北部、国見町から白石へ通じる小坂峠の南西麓に、伊達家十二代伊達成宗公の墓が残されています。成宗公は晩年梁川城から墓所南西にある小屋館に隠居したとされ、付近には菩提寺である五峰山松音寺が建立されましたが、伊達氏ととも…

続きを読む