伊達郡国見町福島県

町指定史跡 藤田城跡

伊達郡国見町の南端に通称「源宗山」と呼ばれる高地があり、ここに藤田城が築かれていました。中心部の主郭は東西180m・南北160mの平場で、西側に土塁跡、北西隅には枡形虎口が残されています。かつては南に二の郭、北に北の郭が…

続きを読む
福島県郡山市

山王館跡

福島県中部に位置する郡山市の南東に久保田(旧窪田村)の集落があり、南境を流れる逢瀬川の北方、現在日吉神社がある丘陵に山王館がありました。天正十六年(1588)政宗と佐竹・蘆名氏ら連合軍が逢瀬川を挟んで対峙した郡山合戦の際…
福島県郡山市

麓山神社

小十郎坦から北東250mの位置に小高い丘があり、羽山、稲荷、塩釜の三社権現を祀ったこの地域の鎮守、麓山神社があります。ここは天正十六年(1588)伊達軍と佐竹・蘆名連合軍が戦った郡山合戦の際、伊達家本陣となった場所で、後…
福島県郡山市

片倉小十郎陣所跡 小十郎坦

福島県中通り中央に位置する郡山市。市内を流れる逢瀬川と阿武隈川が合流する地点から北へ1.4kmの地点に、小十郎坦と呼ばれる小高い丘があります。ここは天正十六年(1588)伊達軍と蘆名・佐竹連合軍との戦いである郡山合戦の折…

続きを読む
二本松市福島県

万人子守地蔵尊

福島県中通り北部、現在の二本松市小浜地区に、奥州における唯一の子供の守護神として名高い万人子守地蔵尊があります。今ではすり減り原形を留めない姿となりましたが、天正年間、伊達輝宗公が宮森城主として居住の折、我が子政宗の身体…
伊達郡国見町福島県

伝伊達成宗墓

福島県北部、国見町から白石へ通じる小坂峠の南西麓に、伊達家十二代伊達成宗公の墓が残されています。成宗公は晩年梁川城から墓所南西にある小屋館に隠居したとされ、付近には菩提寺である五峰山松音寺が建立されましたが、伊達氏ととも…
伊達郡桑折町福島県

国指定史跡 桑折西山城跡

福島盆地北部、阿武隈川の左岸に位置する伊達郡桑折町。奥州・羽州街道の分岐点を掌握する交通の要衝となるこの地に、伊達稙宗の居城であった桑折西山城が構えられていました。北東部は断崖、麓には産ヶ沢川が流れる標高193mの高館山…

続きを読む
伊達郡桑折町福島県

扶桑山 伊達院 桑折寺

桑折西山城の南西方向1.4kmの地点、伊達郡桑折町字新町には、扶桑山伊達院と号する桑折寺があります。桑折寺は、永仁五年(1297)遊行派第二祖真教上人の開基と伝わり、伊達氏の支流であった桑折播磨守の菩提寺でもありました。…
本宮市福島県

本宮城跡

福島県中通り中央に位置する本宮市。市内中央を阿武隈川が北流し、それに合流する安達太良川・百日川に三辺を囲まれる形で菅森山があり、標高240mの山頂には菅森館が構えられていました。この菅森館、安達太良神社北東部にある大黒山…
二本松市福島県

二本松城 新城館跡

応永年間、畠山氏の居城として築城された二本松城。近年の発掘調査により、搦手門南にあった新城舘から大規模な掘立柱建物跡のほか、直径4m・深さ2mの大きな穴が発見され、人為的に大量の焼土と炭化材が捨てられていたことから、火災…

続きを読む