片倉喜多の墓

宮城県南端、白石川河岸段丘上にあり、中央部を白石川が東流する旧刈田郡蔵本村(現白石市福岡蔵本)。その村の東端に、慶長五年(1600)政宗による白石城攻略戦の際、片倉小十郎景綱が陣を敷いた愛宕山があり、現在滝の観音堂が建て … 続きを読む 片倉喜多の墓