蟄居後に暮らした愛宕山中腹にひっそりと残される小納言喜多の墓。

宮城県南端、白石川河岸段丘上にあり、中央部を白石川が東流する旧刈田郡蔵本村(現白石市福岡蔵本)。その村の東端に、慶長五年(1600)政宗による白石城攻略戦の際、片倉小十郎景綱が陣を敷いた愛宕山があり、現在滝の観音堂が建てられているその裏手には、政宗の養育係であった少納言片倉喜多の墓が残されています。

京への上洛中、政宗の勘気を被り国元での蟄居を命ぜられた喜多は、この滝の観音堂近くに庵を結んで読経三昧の日々を過ごし、慶長十五年(1610)に没しました。遺骸は小十郎により庵室裏手の丘に埋葬され、円同寺(後の傑山寺)を菩提寺としました。政宗もまた米沢にあった妙心院を仙台に再興、喜多の位牌寺とし、長年の功に報いました。

関連記事

片倉喜多の墓へのアクセス

  • 〒989-0231 宮城県白石市福岡蔵本平屋敷
  • 東北本線「白石駅」から車で7分
  • 東北自動車道「白石IC」から車で8分
  • 国道113号線(みちのくおとぎ街道)から田村家墓所へ向かうよう左折すると、奥に車両数台分の駐車スペースがあり喜多の墓へ行くことが可能