福島市福島県

萬年山 長楽寺

福島県中通り北部、阿武隈川を自然要害とし、中世には大仏城・杉妻城とも呼ばれていた福島城。その三の丸の郭内の東隅に、本庄繁長の軍師役も勤めたとされる傑山雲勝の中興で、福島城代本庄繁長が越後村上の菩提寺を移して建立したと云う…

続きを読む
福島市福島県

琥珀山 宝積寺

福島県中通り北部に位置し、摺上川、松川、荒川などの諸川が、北流する阿武隈川に合流する福島盆地の中心、福島市。阿武隈川左岸、荒川との合流点北側には福島城下が広がり、その北東方にある船場町に、伊達氏十五代伊達晴宗の菩提寺であ…
宮城県川崎町柴田郡

陽廣山 龍雲寺

宮城県南部、奥羽山脈東斜面の山村で、江戸初期までは砂金と称されていた柴田郡川崎。町の中心部、川崎要害と城下町があった旧前川村に、川崎館主砂金氏と川崎伊達氏の菩提寺で、出羽国置賜郡高玉村にある瑞龍院の末寺、陽廣山 龍雲寺が…
大河原町宮城県柴田郡

医王山 持明院

宮城県南部、白石盆地に続く白石川下流に位置する柴田郡大河原町。その町の南西部に旧堤村(現大河原町堤)があり、字中には、伊達輝宗・政宗の臣で、一家の第一座、出羽国置賜郡下長井荘鮎貝城主であった鮎貝宗重(盛次)の墓がある真言…

続きを読む
二本松市福島県

二松山 安達院 称念寺

奥州探題畠山氏居城であった霧ヶ城(二本松城)の麓、道場谷(丹羽氏二本松城三の丸)に、文治元年(1185)法相宗の尊道和尚により開山された称念寺があります。応永廿年(1413)頃、畠山満泰による霧ヶ城築城の際、その中腹に移…
亘理町亘理郡宮城県

朝日山 荘厳院 称名寺

宮城県東南部に位置し、北は阿武隈川によって限られ、西は阿武隈山脈によって角田市と接する亘理町。町の西部、亘理平野を見下ろす旭山の高台に、浄土宗 称名寺があります。称名寺は、涌谷に移った光明院跡に残された草庵が秀明寺となっ…
山形市山形県

天瀧山 光禅寺

現在の山形の礎を築き、最上家を57万石の大大名に成長させた事で知られる最上義光公。現在の山形市鉄砲町にその菩提寺である光禅寺があります。慶長年間自らの菩提寺とするため開創し、元は慶長寺と称して現在の七日町にありましたが、…

続きを読む
山形市山形県

最上山 専称寺

羽州山形城主最上義光公次女駒姫の菩提寺が山形市緑町にあります。この専称寺は元々天童市にありましたが、義光公により慶長三年(1598)この地に移されました。現在の本堂は元禄十六年(1703)に建てられ、東北最大級の木造建築…
加美町加美郡宮城県

町指定史跡 小山田筑前の墓

宮城県北東部、鳴瀬川と田川の合流点東北部に位置する旧中新田町(現加美郡加美町の一部)。町を南北に走る羽後街道を北上し、鳴瀬川に架かる鳴瀬橋を渡ると薬師堂という地域があり、ここに奥州伊達政宗の臣、柴田郡小山田城主であった小…
仙台市宮城県

松蔭山 光明寺

仙台市内の北西部、北山・台原丘陵上に位置する青葉町に、弘安六年(1283)伊達氏四世政依が「伊達五山」のひとつとして建立した初代朝宗夫人結城氏の菩提寺、光明寺があります。光明寺は当初伊達郡にありましたが、慶長九年(160…

続きを読む