伊達郡国見町福島県

町指定史跡 石母田城跡

福島県北部に位置し「阿津賀志山の戦い」でも知られる伊達郡国見町。その阿津賀志山の麓に、伊達氏の重臣・石母田氏の居城とされる石母田城がありました。高さ4mの土塁で囲われた本郭、二の郭、三の郭からなる複郭式の平城で、北側最高…

続きを読む
伊達郡国見町福島県

国指定史跡 阿津賀志山防塁

福島盆地の北端、伊達郡国見町に阿津賀志山と呼ばれる山があり、奥州藤原氏が築いた大規模な防塁跡が残されています。源頼朝軍との決戦場となったこの防塁跡は、山腹を始点に3km余にも達し、延べ40万人を動員し築造されたと考えられ…
伊達郡国見町福島県

町指定史跡 藤田城跡

伊達郡国見町の南端に通称「源宗山」と呼ばれる高地があり、ここに藤田城が築かれていました。中心部の主郭は東西180m・南北160mの平場で、西側に土塁跡、北西隅には枡形虎口が残されています。かつては南に二の郭、北に北の郭が…
伊達郡国見町福島県

伝伊達成宗墓

福島県北部、国見町から白石へ通じる小坂峠の南西麓に、伊達家十二代伊達成宗公の墓が残されています。成宗公は晩年梁川城から墓所南西にある小屋館に隠居したとされ、付近には菩提寺である五峰山松音寺が建立されましたが、伊達氏ととも…

続きを読む