伊達郡川俣町福島県

鶏足山 頭陀寺

福島県中通り北部、阿武隈山地西斜面、広瀬川流域に位置する旧飯坂村(現伊達郡川俣町飯坂)。川俣氏の古城、城ノ倉城の背後に、県北最古の曹洞宗の古刹、頭陀寺があります。伊達尚宗の代の延徳二年(1490)瑞龍院の裁松青牛が開山し…

続きを読む
伊達郡桑折町福島県

大悲山 弘誓院 観音寺

福島県北東部、阿武隈川の左岸に位置する伊達郡桑折町。町の南部に、伊達初代常陸入道念西の菩提寺万正寺に由来する旧万正寺村(現桑折町万正寺)があり、宝治五年、四代伊達政依が父義広の菩提のため建立し、伊達五山の中で唯一現存する…
伊達郡国見町福島県

町指定史跡 石母田城跡

福島県北部に位置し「阿津賀志山の戦い」でも知られる伊達郡国見町。その阿津賀志山の麓に、伊達氏の重臣・石母田氏の居城とされる石母田城がありました。高さ4mの土塁で囲われた本郭、二の郭、三の郭からなる複郭式の平城で、北側最高…
伊達郡国見町福島県

町指定史跡 藤田城跡

伊達郡国見町の南端に通称「源宗山」と呼ばれる高地があり、ここに藤田城が築かれていました。中心部の主郭は東西180m・南北160mの平場で、西側に土塁跡、北西隅には枡形虎口が残されています。かつては南に二の郭、北に北の郭が…
伊達郡国見町福島県

伝伊達成宗墓

福島県北部、国見町から白石へ通じる小坂峠の南西麓に、伊達家十二代伊達成宗公の墓が残されています。成宗公は晩年梁川城から墓所南西にある小屋館に隠居したとされ、付近には菩提寺である五峰山松音寺が建立されましたが、伊達氏ととも…
伊達郡桑折町福島県

国指定史跡 桑折西山城跡

福島盆地北部、阿武隈川の左岸に位置する伊達郡桑折町。奥州・羽州街道の分岐点を掌握する交通の要衝となるこの地に、伊達稙宗の居城であった桑折西山城が構えられていました。北東部は断崖、麓には産ヶ沢川が流れる標高193mの高館山…

続きを読む
伊達郡桑折町福島県

扶桑山 伊達院 桑折寺

桑折西山城の南西方向1.4kmの地点、伊達郡桑折町字新町には、扶桑山伊達院と号する桑折寺があります。桑折寺は、永仁五年(1297)遊行派第二祖真教上人の開基と伝わり、伊達氏の支流であった桑折播磨守の菩提寺でもありました。…