山形市山形県

天瀧山 光禅寺

現在の山形の礎を築き、最上家を57万石の大大名に成長させた事で知られる最上義光公。現在の山形市鉄砲町にその菩提寺である光禅寺があります。慶長年間自らの菩提寺とするため開創し、元は慶長寺と称して現在の七日町にありましたが、…

続きを読む
山形市山形県

最上山 専称寺

羽州山形城主最上義光公次女駒姫の菩提寺が山形市緑町にあります。この専称寺は元々天童市にありましたが、義光公により慶長三年(1598)この地に移されました。現在の本堂は元禄十六年(1703)に建てられ、東北最大級の木造建築…
山形市山形県

義光山 常念寺

羽州山形城主最上義光公嫡男、義康公の菩提寺が山形市三日町にあります。慶長五年九月一五日、山形への援軍要請の書状を携え、義康公らが政宗の居る北目城に向かいます。翌日政宗は軍議を開き援軍派遣を決定、叔父の留守政景を総大将とし…