昭和七年に開業した松島城観光ホテルの壱之丸跡、日本三景展望台。

宮城県中央部、平安期以来幾多の歌に詠まれた日本三景のひとつ、名勝松島。多くの観光客で賑わう国道45号線沿いの丘陵、湾内を一望できるこの丘に、松島城の天守がそびえたっています。これは昭和七年に営業開始した松島城観光ホテルの壱之丸として建てられたものでした。

松島城観光ホテルは平成十五年(2003)に営業を終え、客室があった弐之丸は取り壊されてしまいましたが、壱之丸・参之丸は残され、現在も壱之丸は展望台として内に入ることができます。

また天守台側には「藩祖公之詩碑」として「送支倉常長行羅馬 伊達政宗…」と漢詩が刻まれた石碑も残されています。

送支倉常長行羅馬
邪法迷邦唱不終 欲征蠻國未成功 
圖南鵬翼何時奮 久待扶搖萬里風

藩祖公之詩碑

日本三景展望台へのアクセス

  • 〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島町内115
  • 仙石線「松島海岸駅」から徒歩8分
  • 三陸自動車道「松島海岸IC」から車で7分