山形県米沢市

北谷地小路

米沢城の南、現在の「松が岬一丁目・城南一丁目」は、かつて北谷地小路と呼ばれる侍町で、御馬廻組の屋敷がありました。その名は谷地村に通じる町に由来し、米沢城を出た伊達政宗公がこの谷地小路で落馬して怪我をしたという記録が残りま…

続きを読む
山形県米沢市

籏本山 舘山寺

山形県南部、置賜地方東南に位置し、伊達政宗公が生まれた場所としても知られる米沢市。その米沢市内の北西にあり、地元では城山と呼ばれる「国史跡 舘山城跡」の南に、伊達家重臣・新田遠江守景綱公が開基となって天文二年(1533)…
山形県米沢市

遠山 覚範寺跡

上杉の城下町として知られる山形県米沢市。その米沢城から西へ2kmの山中に、伊達輝宗公菩提寺であるかつての覚範寺跡が残されています。天正十三年(1585)畠山義継に捕らえられ悲壮な死を遂げた輝宗は、信夫郡佐原村の慈徳寺で荼…
山形県米沢市

川井館跡

米沢市の北東部に位置し、北流する羽黒川右岸の農業地域である川井地区。その川井地区に、標高280mの独立丘陵である通称「館の山」があり、茂庭氏の居城であった川井館が構えられていました。北東部が土砂採集によって削り取られてい…

続きを読む
山形県米沢市

和江山 桃源院

米沢城下から北西方向に進むと旧川井村があり、南北に流れる最上川・天王川のほぼ中央にある小山(川井館跡)の麓に桃源院があります。天文十三年(1544)、伊達晴宗・輝宗・政宗の三代に仕えた鬼庭左月斎良直公により創建され、開山…