遠山 覚範寺

仙台市

政宗の父輝宗の菩提寺で、境内には保春院の墓と三男宗清の供養塔が残る

仙台城下町のひとつで、城下北辺を区切る台原だいのはら段丘の西半を占め、城下設定と同時に割り出された寺町、旧北山町(現青葉区北山ほか)。町域東部、北材木町から北に延びる木町通突き当たりには、政宗の父輝宗の菩提寺で、生母保春院の墓と三男宗清の供養塔が残る臨済宗妙心寺派の寺院、遠山 覚範寺かくはんじがあります。

天正十三年(1585)十月八日、輝宗の陣所宮森城に参候さんこうした二本松城主畠山義継は、帰り際に輝宗を捉えて二本松領を目指すも、阿武隈あぶくま河畔の高田原(粟ノ巣)に至り、あとを追い付き従っていた伊達方によって、あるいは狩場から駆けつけた政宗によって、輝宗諸共もろとも討たれたと伝え、二本松勢は皆殺しとなりました。

輝宗が非業の最期を遂げた翌九日、遺骸いがいは政宗の陣所小浜城に入り、資福寺虎哉和尚を導師として信夫郡佐原村(現福島市佐原)の寿徳寺で荼毘だびに付され、遺骨は長井荘夏刈(現高畠町夏茂)の資福寺に葬られました。また、二七日ふたなぬかに当たる十月二十一日には、遠藤山城守基信が殉死、輝宗の墓のかたわらに葬られました。

同十四年(1586)、政宗は父輝宗の菩提を弔うため、置賜郡遠山とおやま村(現米沢市遠山町ほか)の愛宕山北東麓に一宇いちうを建てて覚範寺とし、虎哉和尚を開山始祖としました。同十六年(1588)一月二五日、政宗は雪が降るなか覚範寺と光明寺を訪ね、同年十月八日の輝宗の忌日きにちには、雨が降るなか参詣さんけいしたと伝わります。

同十九年(1591)、政宗が岩出山に移ると、虎哉和尚は玉造郡上野目村(現大崎市岩出山上野目)の天王寺を覚範寺として中興開山し、輝宗の位牌を安置しました。慶長六年(1601)、仙台に移り、愛宕山旧誓願寺の地を賜るも、翌年の小人こびと騒動により焼失したため、現在の北山の地に移り広壮な伽藍がらんを建立しました。

元和九年(1623)、政宗の母保春院が逝去せいきょすると覚範寺に葬られ、政宗が墓標に宝篋印塔ほうきょういんとうを建立、のちに保春院菩提ぼだいのため少林山 保春院を造営しました。寛永十三年(1636)五月二十四日、政宗が江戸屋敷で逝去すると、遺骸は覚範寺に安置され、中陰法要ちゅういんほうようが営まれる中、現大願寺の地で葬儀が行われました。

寛政二年(1790)の火災により一切を消失、翌年再建されるも、明治九年(1876)に山火事で類焼。長らく仮堂のままだった本堂が昭和十八年(1943)に再建落成されますが、放火により同三十三年(1958)に焼失したため、同四十二年(1967)の本堂再建から、順次、不燃性建造物に改められ、現在に至ります。

関連記事

遠山 覚範寺へのアクセス

  • 〒981-0931 宮城県仙台市青葉区北山1丁目12−7
  • 仙山線「北山駅」から徒歩で13分
  • 東北自動車道「仙台宮城IC」から車で13分

REFERENCE MATERIALS

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会 編(1979)『角川日本地名大辞典4 宮城県』角川書店.
  • 大塚徳郎・竹内利美 編(1987)『日本歴史地名体系4 宮城県の地名』平凡社.
  • 米沢市史編さん委員会 編(1997)『米沢市史 第一巻(原始・古代・中世編)』米沢市.

龍の右目 伊達成実伝

吉川永青 著

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

最近の記事

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

新着記事 オススメ 特集記事
  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 人取橋古戦場跡

  2. 摺上原古戦場跡 / 町指定史跡 三忠碑

  3. 粟ノ巣古戦場跡

TOP