ローダーイメージ
Night Mode Night Mode
Day Mode Day Mode

山形県

やまがた‐けん【山形県】
東北地方南西部の県。明治元年(一八六八)に出羽国から分かれた羽前国と羽後国の一部分とにあたる。同四年の廃藩置県により、米沢、山形、上山、天童、新庄、鶴岡、松嶺の七県が成立。のち米沢県は置賜県に、松嶺県は酒田県に改称され、さらに置賜、山形、鶴岡の三県に統合され、同九年三県が合併して現在の県域が定まる。県庁所在地山形市。
『精選版 日本国語大辞典』

白子神社

歴代領主から崇敬されてきた「明神堂」とも称される古社で、米沢城の三の丸外郭に位置する境内では、米沢時代の伊達輝宗・政宗によって繁く能楽が催された。

書き出しに戻る
Close
著者一覧