上山市山形県

中山峠 首塚

羽州街道の宿場町として栄え、かみのやま温泉で知られる山形県上山市。天正十六年(1588)伊達と大崎・最上連合軍が争った大崎合戦の際、政宗の母・義姫が国境である上山の中山峠に於いて両陣営に割り込み、停戦を懇願しながら居座り…

続きを読む
山形市山形県

天瀧山 光禅寺

現在の山形の礎を築き、最上家を57万石の大大名に成長させた事で知られる最上義光公。現在の山形市鉄砲町にその菩提寺である光禅寺があります。慶長年間自らの菩提寺とするため開創し、元は慶長寺と称して現在の七日町にありましたが、…
山形市山形県

最上山 専称寺

羽州山形城主最上義光公次女駒姫の菩提寺が山形市緑町にあります。この専称寺は元々天童市にありましたが、義光公により慶長三年(1598)この地に移されました。現在の本堂は元禄十六年(1703)に建てられ、東北最大級の木造建築…
山形市山形県

義光山 常念寺

羽州山形城主最上義光公嫡男、義康公の菩提寺が山形市三日町にあります。慶長五年九月一五日、山形への援軍要請の書状を携え、義康公らが政宗の居る北目城に向かいます。翌日政宗は軍議を開き援軍派遣を決定、叔父の留守政景を総大将とし…

続きを読む
山形県米沢市

北谷地小路

米沢城の南、現在の「松が岬一丁目・城南一丁目」は、かつて北谷地小路と呼ばれる侍町で、御馬廻組の屋敷がありました。その名は谷地村に通じる町に由来し、米沢城を出た伊達政宗公がこの谷地小路で落馬して怪我をしたという記録が残りま…
山形県米沢市

籏本山 舘山寺

山形県南部、置賜地方東南に位置し、伊達政宗公が生まれた場所としても知られる米沢市。その米沢市内の北西にあり、地元では城山と呼ばれる「国史跡 舘山城跡」の南に、伊達家重臣・新田遠江守景綱公が開基となって天文二年(1533)…
山形県米沢市

遠山 覚範寺跡

上杉の城下町として知られる山形県米沢市。その米沢城から西へ2kmの山中に、伊達輝宗公菩提寺であるかつての覚範寺跡が残されています。天正十三年(1585)畠山義継に捕らえられ悲壮な死を遂げた輝宗は、信夫郡佐原村の慈徳寺で荼…

続きを読む
山形県長井市

国指定天然記念物 草岡の大明神ザクラ

山形県西南部に位置する長井市の中央に「草岡」と呼ばれる地域があり、幹回り10.91mで単幹としては国内最大とされる桜の巨木があります。坂上田村麻呂が蝦夷を平定した折の戦勝記念に植えられたとする伝説が残り、樹齢千二百余年と…
山形県白鷹町西置賜郡

鮎貝城跡

山形県中部に位置し、ホップの産地として知られる西置賜郡白鷹町。町中央を南北に流れる最上川の左岸に、かつて鮎貝氏の居城であった鮎貝城がありました。比高約20mの河岸段丘を巧みに利用して構築された複郭式の平山城で、応永三年(…
山形県川西町東置賜郡

片倉館跡

米沢市の北西に位置し、日本最大規模のダリヤ園がある事で知られる山形県東置賜郡川西町。米沢城からは北西12kmに位置する東塩ノ沢地区(旧小松村)に片倉館はありました。犬川の河岸段丘上の平坦地に造られていましたが、開田や宅地…

続きを読む