福島県郡山市

山王館跡

福島県中部に位置する郡山市の南東に久保田(旧窪田村)の集落があり、南境を流れる逢瀬川の北方、現在日吉神社がある丘陵に山王館がありました。天正十六年(1588)政宗と佐竹・蘆名氏ら連合軍が逢瀬川を挟んで対峙した郡山合戦の際…

続きを読む
福島県郡山市

麓山神社

小十郎坦から北東250mの位置に小高い丘があり、羽山、稲荷、塩釜の三社権現を祀ったこの地域の鎮守、麓山神社があります。ここは天正十六年(1588)伊達軍と佐竹・蘆名連合軍が戦った郡山合戦の際、伊達家本陣となった場所で、後…
福島県郡山市

片倉小十郎陣所跡 小十郎坦

福島県中通り中央に位置する郡山市。市内を流れる逢瀬川と阿武隈川が合流する地点から北へ1.4kmの地点に、小十郎坦と呼ばれる小高い丘があります。ここは天正十六年(1588)伊達軍と蘆名・佐竹連合軍との戦いである郡山合戦の折…
福島県郡山市

高倉城跡

福島県中央に位置する郡山市北東部、旧日和田町に高倉という地区があり、人取橋合戦や郡山合戦で伊達の軍事拠点となった高倉城(高倉館、松峰城)があります。東流する阿武隈川と奥州街道に挟まれた丘陵北端に築かれた山城で、主郭と幾重…

続きを読む
福島県郡山市

郡山城跡

郡山市桜木・西ノ内付近にある郡山館跡 福島県中通り中部、郡山盆地の中心で阿武隈川の西岸に位置する郡山市。その街の中央に、天正十六年(1588)六月、田村氏に属していた郡山城主・郡山頼祐を救援するため駆けつけた伊達政宗と、…
福島県郡山市

安子島城跡

福島県中央部、郡山盆地の平坦部に市街地が広がる郡山市の北部に旧熱海町安子島地区があり、現在の安子島小を含む一帯に安子島城がありました。この城は熱海地区を治めた伊東氏一族・安子島氏の本拠でしたが、会津と仙道を結ぶ街道筋にあ…
福島県郡山市

高玉城跡

福島県中央部、仙道と会津を結ぶ要衝の旧高玉村(現郡山市熱海町高玉)を流れる石筵川の西側丘陵に、二本松領主・畠山氏の一族である高玉氏の居城、高玉城がありました。高玉城は、北東側は切岸が幾重にも築かれ、大手から南西にかけては…

続きを読む