宮城県登米市

葦名館跡(葦名在所)

宮城県北西端にあって夏川を境に岩手県に接し、南境を迫川が東流する旧石越村(現登米市石越町)。戦国期には葛西・大崎の二大勢力の接点となったこの地に、かつて戦国大名の雄であった会津蘆名氏の支流、葦名豊前守盛寿が1,500石の…

続きを読む
宮城県登米市

市指定史跡 首壇

宮城県北部、迫川流域の平坦地に位置し、江戸期には亘理氏の城下町として栄えた登米市迫町佐沼。その市役所西方の高台に、葛西大崎一揆の戦死者二千七百余人を葬ったと伝える首壇があります。天正十八年(1590)、小田原攻めに参陣し…
宮城県登米市

伊達上野介政景の陣地跡

宮城県北部、迫川流域の平坦地に位置する栗原郡佐沼(現登米市迫町佐沼)。大崎・葛西の要よう衢くであったこの地域に、葛西大崎一揆で太守木村吉清らが籠城した佐沼城(別称、鹿ヶ城)があり、城から東へ800mの地点には、その際佐沼…
宮城県登米市

神明社跡

葛西大崎一揆で激戦の地となった佐沼城から西へ七〇〇米、登米市斎場がある一角に神明社跡が残されています。天正十九年(1591)一揆鎮圧時の政宗本陣跡として、佐沼中学校東側の高台に貞山公営址碑が建立され、御陣場山として親しま…

続きを読む
宮城県登米市

津島神社

宮後県北部に位置し、葛西大崎一揆の舞台となった佐沼城がある事で知られる登米市迫町佐沼。その佐沼城から迫川沿いに1.2km程南下すると津島神社があります。文治五年(1189)源頼朝が奥州藤原氏を討伐、戦勝御礼参りの後、葛西…