加美町加美郡宮城県

町指定史跡 小山田筑前の墓

宮城県北東部、鳴瀬川と田川の合流点東北部に位置する旧中新田町(現加美郡加美町の一部)。町を南北に走る羽後街道を北上し、鳴瀬川に架かる鳴瀬橋を渡ると薬師堂という地域があり、ここに奥州伊達政宗の臣、柴田郡小山田城主であった小…

続きを読む
加美町加美郡宮城県

町指定史跡 濱田伊豆景隆の墓

宮城県西北部に位置し、大崎地方に属する旧柳沢村(現在の加美郡加美町柳沢)。鳴瀬川の支流、田川の南岸に桧葉野屋敷(ひばのやしき)の集落があり、現在宮崎中学校が建つ田園地帯の一角に、伊達政宗に仕え宮崎城合戦で戦死した名臣、浜…
加美町加美郡宮城県

宇岐須神社

宮城県北東部、鳴瀬川と田川の合流点東岸に市街地が形成され、加美郡の郡政・商業の中心地であった旧中新田町(現加美町)。かつて大崎氏の居城であった中新田城がある街中心部から南東3.6km、四日市場という地区に、大崎合戦時の戦…
加美町加美郡宮城県

町指定史跡 内出道満塚

天正十六年(1588)大崎合戦の戦場となった宇岐須神社から東へ650m、大祥寺境内に、大崎家臣で下新田城主葛岡監物配下の武将である内出道満の墓が残されています。内出道満は、寒さに耐えかね宇岐須神社に火をつけた伊達勢の暴挙…

続きを読む