loader image
Night Mode Night Mode
Day Mode Day Mode

県指定天然記念物 白幡のいちょう

伊達政宗が持っていた銀杏の鞭が根付いたものであるとの伝承が残り、根元には白幡八幡神社が建立されている。

県指定天然記念物 白幡のいちょうの来歴

白幡のいちょう

樹齢約240年で、伊達政宗が持っていた、いちょうのむちを逆さにさしたものであるという伝説から「さかさいちょう」とも呼ばれています。平成9年(1997年)には福島県の天然記念物に指定されました。

『現地案内板』より

白幡のいちょうへのアクセス

  • 〒979-2611 福島県相馬郡新地町駒ケ嶺白薄
  • JR常磐線「駒ヶ嶺駅」より徒歩23分
  • 常磐自動車道「新地IC」より車で4分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

書き出しに戻る
Close
著者一覧