加美町加美郡宮城県

町指定史跡 小山田筑前の墓

大崎合戦で伊達軍の殿を勤め討死となった柴田郡小山田城主、小山田筑前の墓。

宮城県北東部、鳴瀬川と田川の合流点東北部に位置する旧中新田町(現加美郡加美町の一部)。町を南北に走る羽後街道を北上し、鳴瀬川に架かる鳴瀬橋を渡ると薬師堂という地域があり、ここに奥州伊達政宗の臣、柴田郡小山田城主であった小山田筑前の墓が残されています。

小山田筑前頼貞は、天正十六年(1588)大崎合戦の際、伊達勢の軍奉行を勤め出陣します。しかし大崎軍が守る中新田城を落とすことができず、大崎軍は退却し始めた伊達勢に反撃。この乱戦で頼貞は討死し、伊達勢は新沼城へ逃げ込みました。ここの地名は頼貞の首を葬って薬師堂を建てたことに由来します。

町指定史跡 小山田筑前の墓へのアクセス

  • 〒981-4229 宮城県加美郡加美町薬師堂一番
  • 陸羽東線「西古川駅」から車で10分
  • 東北自動車道「古川IC」から車で21分
About author

南奥羽各地の城館や神社仏閣などの史跡巡りスポットを浅い知識でのんびりと巡っています。大河は、独眼竜政宗、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。たまに壁紙やコラ画像を作ったりもします。
関連記事
二本松市福島県

二松山 安達院 称念寺

宮城県登米市

市指定史跡 首壇

二本松市福島県

国指定史跡 二本松城跡

亘理町亘理郡宮城県

朝日山 荘厳院 称名寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です