山形県米沢市

和江山 桃源院

晴宗、輝宗、政宗の三代に仕えた鬼庭左月公創建の寺、和江山 桃源院。

米沢城下から北西方向に進むと旧川井村があり、南北に流れる最上川・天王川のほぼ中央にある小山(川井館跡)の麓に桃源院があります。天文十三年(1544)、伊達晴宗・輝宗・政宗の三代に仕えた鬼庭左月斎良直公により創建され、開山は梓山松林寺三世・一華宗甫和尚と伝わります。

桃源院は政宗の移封と共に現在の大崎市松山に移りましたが、当地に残った住民らによって再興され、現在も報恩供養が行われています。境内には鬼庭左月良直公の始祖・斎藤実良による大蛇退治の伝説が残る身代わり観音(置賜三十三観音 第二十三番札所 川井観音)があり、十方の信心を多く集めています。

和江山 桃源院へのアクセス

  • 〒992-0117 山形県米沢市川井3823-1
  • 奥羽本線「米沢駅」より車で10分
  • 東北中央自動車道「米沢中央IC」より車で3分
関連記事
福島市福島県

萬年山 長楽寺

福島市福島県

琥珀山 宝積寺

宮城県川崎町柴田郡

陽廣山 龍雲寺

宮城県宮城郡松島町

瑞雲峰 天麟院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな記事も読まれています...
川井館跡