山形県米沢市

川井館跡

伊達氏の置賜郡侵攻以来茂庭氏の居城となった城館、川井館。

米沢市の北東部に位置し、北流する羽黒川右岸の農業地域である川井地区。その川井地区に、標高280mの独立丘陵である通称「館の山」があり、茂庭氏の居城であった川井館が構えられていました。北東部が土砂採集によって削り取られているほか、山頂には給水塔が設置されるなどしましたが、現在も帯曲輪などの遺構が残されています。

伊達氏の置賜郡侵攻以来、茂庭氏の居城となったとされ、麓には茂庭氏の創建と伝えられている和江山 桃源院があります。尚、天正十三年(1585)十一月、左月斎の号で知られる鬼庭良直は、伊達政宗に従い瀬戸川に掛かる人取橋付近で討ち死にすることとなります。

川井館跡へのアクセス

  • 〒992-0117 山形県米沢市川井
  • 奥羽本線「米沢駅」から車で10分
  • 東北中央自動車道「米沢中央IC」から車で2分
About author

南奥羽各地の城館や神社仏閣などの史跡巡りスポットを浅い知識でのんびりと巡っています。大河は、独眼竜政宗、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。たまに壁紙やコラ画像を作ったりもします。
関連記事
宮城県登米市

葦名館跡(葦名在所)

二本松市福島県

国指定史跡 二本松城跡

宮城県岩沼市

鵜ヶ崎城跡(岩沼要害)

福島市福島県

土合館跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな記事も読まれています...
米沢城跡