柴田町農村環境改善センター

柴田町

独眼竜政宗放映年に仙台駅構内で一年半のみ設置された政宗公騎馬像

伊達政宗騎馬像の制作者として知られる小室達氏の故郷、宮城県柴田町(旧槻木村)入間田に、町内のコミュニティセンターである農村環境改善センターがあり、そのホールの一角に昭和六十二年(1987)仙台駅ステンドグラス前に設置されていた騎馬像が展示されています。

その年は大河ドラマ「独眼竜政宗」が放映され、七月には仙台市地下鉄が開業、パビリオンとして独眼竜政宗館もあった「未来の東北博覧会」が開催されるなど、政宗ブームが巻き起ころうとする年の一月、仙台市、仙台市観光協会、独眼竜政宗仙台協議会の三者によって、駅構内にこの騎馬像が設置されました。

騎馬像は原型の3/4の大きさで製作、ドラマ放映年だけの展示予定でしたが、人気の高さから翌年のGWまで展示され、撤去後は小室氏の故郷である柴田町が譲り受けて現在に至ります。其の後、仙台駅には平成元年より松尾ルミ子氏の騎馬像が設置されていましたが、後年岩出山の有備館駅に移設されました。

柴田町農村環境改善センターへのアクセス

  • 〒989-1745 宮城県柴田郡柴田町入間田外馬場220
  • 東北本線「槻木駅」から車で11分
  • 東北自動車道「村田IC」から車で15分

直江兼続と関ヶ原

公益財団法人 福島県文化振興財団 編

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

最近の記事

  1. 勝楽山 高蔵寺 / 高蔵寺阿弥陀堂

  2. 小手森城跡

  3. 大森城跡

新着記事 オススメ 特集記事
  1. 勝楽山 高蔵寺 / 高蔵寺阿弥陀堂

  2. 小手森城跡

  3. 大森城跡

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 人取橋古戦場跡

  2. 摺上原古戦場跡 / 町指定史跡 三忠碑

  3. 粟ノ巣古戦場跡

TOP