利府町宮城県宮城郡

春日神社

利府城主であった留守政景が祖神として厚く崇拝した春日神社。

宮城県中央部、松島湾の西に位置する宮城郡利府町。町北部、旧春日村の地域に、村名の由来ともなった春日神社があります。春日神社は、藤原氏の祖神を祀った神社で、承和十年(843)陸奥按察使となった藤原富士麿が多賀国府に赴任し、奈良の春日神社の分霊を勧請したと伝えられています。

このような由来から、奥州平泉の藤原秀衡、奥州留守職の伊澤家景、降って十八代留守政景が利府城主の折、祖神として厚く祀っていたと伝わります。天正十九年(1591)には山火事で消失するも、甥の伊達政宗が春日神社再建計画を立て、四代綱村が延宝元年(1673)に社殿を復元しました。現在の社殿は明治期に焼失後、再建されたものです。

春日神社へのアクセス

  • 〒981-0102 宮城県宮城郡利府町春日寒風沢35
  • 東北本線「利府駅」から車で7分
  • 三陸自動車道「利府中IC」から車で4分

関連記事
山形市山形県

南館跡 / 神明神社

宮城県岩沼市

竹駒神社 / 馬事博物館

仙台市宮城県

旅立稲荷神社

宮城県登米市

葦名館跡(葦名在所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です