輝宗も信仰した地蔵尊が荒浜に流れ着き、浪切地蔵尊として祀られる

宮城県の東南部、阿武隈川南岸、阿武隈山地の東方に位置する亘理郡亘理町。その阿武隈川が大きく蛇行して海に注ぐ右岸に旧高須賀たかすか村(現亘理町荒浜)があり、舟運により河口港として発達した高須賀村の端郷「荒浜」には、海運の無事と子供の健やかな成長を願って祀られてきたと云う、浪切地蔵尊があります。

浪切地蔵尊は、江戸時代の後期に、古くから安達郡宮守みやもり村(現二本松市小浜)で祀られてきた「万人子守地蔵尊」の本尊を子供たちが持ち出したため、ある日の大雨によって阿武隈川に流れ出てしまい、荒浜の河口まで流れ着いたところを村人らが見付け、地蔵尊として祀ったのが始まりだと云われます。

宮守村の萬人子守地蔵尊は、政宗の父輝宗も厚く信仰する地蔵尊でしたが、本尊を失った宮守村では疫病えきびょうが蔓延したといい、荒浜の人々が木像に刻まれた記銘を頼りに宮守村に送り届けると、たちまち疫病が治ったと伝わります。のちに荒浜では改めて石の地蔵尊を彫って祀り、今日まで厚く信仰してきたと云うことです。

関連記事

浪切地蔵尊へのアクセス

  • 〒989-2311 宮城県亘理郡亘理町荒浜隈崎
  • 常磐線「亘理駅」から車で12分
  • 常磐自動車道「亘理IC」から車で10分
  • 震災前に浪切地蔵尊があった敷地は、阿武隈川堤防かさ上げ工事に伴う拡幅用地の対象となったため、現在地に移転となる