伊達輝宗が政宗の身体堅固武運長久を祈願したという万人子守地蔵尊。

福島県中通り北部、現在の二本松市小浜地区に、奥州における唯一の子供の守護神として名高い万人子守地蔵尊があります。今ではすり減り原形を留めない姿となりましたが、天正年間、伊達輝宗が宮森城主として居住の折、我が子政宗の身体堅固武運長久を朝夕祈願したと伝わります。

往時の御堂は扉もなかった為、本尊は堂内で安座する暇もなく、子供らの遊びの中で守護を垂れていたとされ、江戸後期には本尊を持ち出し河原で遊んでいた子供らが、雷雨に驚き本尊を置いて立ち去ってしまい、大雨により水嵩が増した阿武隈川を経て亘理の荒浜まで流れ着くといった出来事がありました。

万人子守地蔵尊へのアクセス

  • 〒964-0313 福島県二本松市小浜反町1
  • 東北本線「二本松駅」から車で18分
  • 東北自動車道「二本松IC」から車で16分