刈田嶺神社 / 白鳥古碑群

蔵王町

刈田郡総鎮守として片倉家累代の祈願神社であった白鳥大明神

宮城県南部、蔵王連峰東麓に位置し、藩政期には町域の大部分が片倉家の知行地であった刈田郡蔵王町。その町の南東端、白石川と松川の合流点に旧宮村(現蔵王町宮・遠刈田温泉)があり、宮北部の小丘上には、老杉に囲まれて鎮座する刈田嶺神社があります。

刈田嶺神社は、式内社名神大に列し、刈田郡総鎮守として伊達家・片倉家累代の祈願神社で、永正年中現在地に遷宮されました。棟札によれば永正十一年稙宗、永禄十一年輝宗、慶長十六年政宗が社殿を再興したと記され、数度の兵火により焼失するも、享保三年(1718)現社殿が片倉家により造営されました。

また、この地方は日本武尊をめぐる白鳥伝説が伝わり、古くから白鳥を神の使いとして尊ぶ習慣や、伝説にまつわる地名が数多く残されています。本殿背後には白鳥古碑群があり、塋域として保存管理されてきました。中でも最も古いものは寛文十三年(1673)の銘が刻まれ、町内最古級の古碑となっています。

刈田嶺神社(白鳥大明神)へのアクセス

  • 〒989-0701 宮城県刈田郡蔵王町宮馬場1
  • 東北本線「東白石駅」から車で5分
  • 東北自動車道「白石IC」から車で5分

東北の名城を歩く 南東北編 宮城・福島・山形

飯村 均 編
室野 秀文 編

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

最近の記事

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

新着記事 オススメ 特集記事
  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 人取橋古戦場跡

  2. 摺上原古戦場跡 / 町指定史跡 三忠碑

  3. 粟ノ巣古戦場跡

TOP