伊達家九代政宗夫人蘭庭尼の所願により十一代持宗が梁川に創建。

仙台城下町のひとつで、城下設定と同時に割り出された寺屋敷および門前町である旧北山町(現青葉区北山ほか)。その町域を東西に連なる北山丘陵の西方に、嘉吉元年(1441)伊達家九代政宗夫人蘭庭尼の所願により、十一代持宗が伊達郡梁川に創建したのが始まりと云う、金剛宝山 輪王寺があります。

伊達氏の移転に従い、輪王寺も、梁川、西山、米沢、会津、岩出山などを転々とし、慶長七年(1602)十七代政宗の時、仙台に移りました。元禄四年(1691)四代綱村により仏殿、禅堂、客殿などが造営されるも、明治維新で藩主の外護を失い、次いで明治九年(1876)の野火で仁王門を残し灰燼に帰しました。

延焼を免れた仁王門は、輪王寺山門として仙台市指定有形文化財となり、江戸時代中期の堅実な八脚門としてその歴史を今に伝えています。境内には、東北有数の名園として知られる回遊式の日本庭園があるほか、伊達政宗三男竹松丸および殉死者の墓、伊達政宗夫人愛姫の母と伝えられる墓も残されています。

関連記事

金剛宝山 輪王寺へのアクセス

  • 〒981-0931 宮城県仙台市青葉区北山1丁目14−1
  • 仙山線「北山駅」から徒歩で13分
  • 地下鉄南北線「北四番町駅」から車で6分
  • 東北自動車道「仙台宮城IC」から車で12分