源九郎判官義経公接待遺跡として米沢に伝わる義経ゆかりの古刹。

山形県南東部、米沢盆地の南端に位置する米沢市。市内、最上川上流の松川と羽黒川の合流点付近に旧花沢村(現米沢市花沢町、駅前一丁目〜四丁目ほか)があり、現在の米沢駅から東方四五〇㍍の地点には、源義経ゆかりの古刹として知られる正應山 常信庵があります。

常信庵は、平泉奥州藤原氏の重臣佐藤基治の弟、花沢城主佐藤正信の後室が、正信とその子継信・忠信兄弟の菩提を弔うため建立した寺と伝えられ、兄弟の母梅唇尼の名が記されたミイラが発見されています。境内には正信、継信、忠信を祀る祠があり、平泉へ向かう義経一行を接待したと云う伝承が残ります。

正應山 常信庵へのアクセス

  • 〒992-0027 山形県米沢市駅前2丁目2−29
  • 奥羽本線「米沢駅」から徒歩で7分
  • 東北中央自動車道「米沢八幡原IC」から車で7分