初陣の翌年に伊達政宗も参詣した伊達氏ゆかりの神社

福島県中通り北部、福島盆地の北東部に位置する伊達市。市域北部、阿武隈川の右岸に、梁川八幡宮が鎮座することに由来すると云う、旧伊達郡八幡村(現伊達市梁川町八幡)があり、中世伊達氏の居城であった梁川城の北方には、亀岡八幡、富野八幡とも称される梁川八幡神社と旧別当寺の八幡山 龍宝寺があります。

八幡神社の創建については諸説あり、永観二年(984)石清水八幡宮を分霊したのが始まりとも、伊達氏初代朝宗が鎌倉の鶴岡八幡宮を高子岡に勧請し、亀岡八幡宮として祀ったのが始まりともされています。梁川が伊達氏の居城になると八幡林(当地:富野)に移され、応永三十三年(1426)十一代持宗が八幡宮を再建しました。

天文元年(1532)稙宗の桑折西山城移転によって桑折に遷座されるも、当社は存置され、稙宗が丸森城に隠居すると、崇敬するものも減って社殿も傾いたため、元亀二年(1571)輝宗が再建、桑折から再び遷座されました。初陣翌年にあたる天正十年(1582)四月、伊達政宗が参詣し、同十六年には良覚院に命じて武具を献納しています。

近世には伊達郡六十六郷の惣社とされ、境内には若宮八幡、弁天堂、三重塔など多くの建物があったと伝わり、放生池であった観音堂の池などが現存しています。隣接する龍宝寺は、かつて亀岡寺といった旧別当寺で、森に囲まれた境内は中世伊達氏の鎮守社景観をよく残し、一帯が県指定史跡及び名勝となっています。

梁川八幡神社 / 八幡山 龍宝寺へのアクセス

  • 〒960-0722 福島県伊達市梁川町八幡堂庭11
  • 阿武隈急行「やながわ希望の森公園前」から徒歩で15分
  • 東北自動車道「国見IC」から車で14分