梁川八幡神社 / 八幡山 龍宝寺

伊達市

初陣の翌年に伊達政宗も参詣した伊達氏ゆかりの神社

福島県中通り北部、福島盆地の北東部に位置する伊達市。市域北部、阿武隈川の右岸に、梁川八幡宮が鎮座することに由来すると云う、旧伊達郡八幡村(現伊達市梁川町八幡)があり、中世伊達氏の居城であった梁川城の北方には、亀岡八幡、富野八幡とも称される梁川八幡神社と旧別当寺の八幡山 龍宝寺があります。

八幡神社の創建については諸説あり、永観二年(984)石清水八幡宮を分霊したのが始まりとも、伊達氏初代朝宗が鎌倉の鶴岡八幡宮を高子岡に勧請し、亀岡八幡宮として祀ったのが始まりともされています。梁川が伊達氏の居城になると八幡林(当地:富野)に移され、応永三十三年(1426)十一代持宗が八幡宮を再建しました。

天文元年(1532)稙宗の桑折西山城移転によって桑折に遷座されるも当社は存置され、稙宗が丸森城に隠居すると崇敬すうけいするものも減り社殿も傾いたため、元亀二年(1571)輝宗が再建し、桑折から再び遷座されました。また、政宗が初陣翌年にあたる天正十年(1582)四月に参詣、同十六年には良覚院に命じて武具を献納しています。

近世には伊達郡六十六郷の惣社とされ、境内には若宮八幡、弁天堂、三重塔など多くの建物があったと伝わり、放生池ほうじょうちであった観音堂の池などが現存しています。隣接する龍宝寺は、かつて亀岡寺といった旧別当寺で、森に囲まれた境内は中世伊達氏の鎮守社景観をよく残し、一帯が県指定史跡及び名勝となっています。

関連記事

梁川八幡神社 / 八幡山 龍宝寺へのアクセス

  • 〒960-0722 福島県伊達市梁川町八幡堂庭11
  • 阿武隈急行「やながわ希望の森公園前」から徒歩で15分
  • 東北自動車道「国見IC」から車で14分

直江兼続と関ヶ原

公益財団法人 福島県文化振興財団 編

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

最近の記事

  1. 勝楽山 高蔵寺 / 高蔵寺阿弥陀堂

  2. 小手森城跡

  3. 大森城跡

新着記事 オススメ 特集記事
  1. 勝楽山 高蔵寺 / 高蔵寺阿弥陀堂

  2. 小手森城跡

  3. 大森城跡

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 人取橋古戦場跡

  2. 摺上原古戦場跡 / 町指定史跡 三忠碑

  3. 粟ノ巣古戦場跡

TOP