七代藩主重村夫人観心院によって建立された黄檗宗の寺院

仙台城下町方二十四町のひとつで、城下最南端にあり、広瀬川左岸に割り付けられたのがその名の由来という河原町(現若林区河原町)。城下入口であるため升形になっている道の南端には、七代藩主重村夫人の発願により安永三年(1774)に創建されたと云う、松月山 桃源院があります。

桃源院は、飢饉による餓死者を供養するため、七代藩主重村夫人である観心院によって、広瀬川畔の桃林に黄檗宗の寺院として建立されました。観心院は此処で人々の霊を供養したとされ、現在も毎年八月に行われている広瀬川灯ろう流しは、此の桃源院で行われていた飢饉供養が始まりだと伝えられています。

松月山 桃源院へのアクセス

  • 〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町2丁目14−10
  • 地下鉄南北線「河原町駅」から徒歩で8分
  • 東北自動車道「仙台南IC」から車で15分