松月山 桃源院

仙台市

七代藩主重村夫人観心院によって建立された黄檗宗の寺院

仙台城下町方二十四町のひとつで、城下最南端にあり、広瀬川左岸に割り付けられたのがその地名の由来という旧河原町(現若林区河原町)。城下入口であるため升形ますがたになっている道の南端には、七代藩主重村夫人の発願によって安永三年(1774)に創建されたという黄檗宗おうばくしゅうの寺院、松月山 桃源院があります。

桃源院は、飢饉による餓死者を供養するため、七代藩主重村夫人である観心院によって、広瀬川畔の桃林に建立されました。観心院は此処で人々の霊を供養したとされ、現在も毎年八月に行われている広瀬川灯ろう流しは、此の桃源院で行われていた黄檗宗の法要のひとつ、川施餓鬼かわせがきがその始まりだと伝えられています。

松月山 桃源院へのアクセス

  • 〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町2丁目14−10
  • 地下鉄南北線「河原町駅」から徒歩で8分
  • 東北自動車道「仙台南IC」から車で15分

東北の名城を歩く 南東北編 宮城・福島・山形

飯村 均 編
室野 秀文 編

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

最近の記事

  1. 勝楽山 高蔵寺 / 高蔵寺阿弥陀堂

  2. 小手森城跡

  3. 大森城跡

新着記事 オススメ 特集記事
  1. 勝楽山 高蔵寺 / 高蔵寺阿弥陀堂

  2. 小手森城跡

  3. 大森城跡

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 人取橋古戦場跡

  2. 摺上原古戦場跡 / 町指定史跡 三忠碑

  3. 粟ノ巣古戦場跡

TOP