山王館跡 / 日吉神社 / 伊東肥前の碑

郡山市

天正十六年、郡山合戦時に伊達成実の陣所となる

福島県中部に位置する郡山市の南東に久保田(旧窪田村)の集落があり、南境を流れる逢瀬川の北方、現在日吉神社がある丘陵に山王館がありました。天正十六年(1588)政宗と佐竹・蘆名氏ら連合軍が逢瀬川を挟んで対峙した郡山合戦の際に築城され、政宗はここで敵方を視察したと云います。

政宗は、敵方は山王山方面を攻めると踏み、ここを陣所として敵襲に備えるよう伊達成実に命じます。約一ヶ月に渡る交戦ののち岩城・石川両氏の調停によって和議が成立、両軍は陣払いすることになりますが、激戦となったこの戦いで伊達側の伊藤肥前が討死し、境内には肥前を顕彰する碑が残されています。

山王館跡へのアクセス

  • 〒963-8071 福島県郡山市富久山町久保田山王舘
  • 東北本線「郡山駅」から車で6分
  • 東北自動車道「郡山IC」から車で12分

龍の右目 伊達成実伝

吉川永青 著

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

最近の記事

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

新着記事 オススメ 特集記事
  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 人取橋古戦場跡

  2. 摺上原古戦場跡 / 町指定史跡 三忠碑

  3. 粟ノ巣古戦場跡

TOP