福島県郡山市

郡山城跡

郡山城主郡山頼祐を救援すべく政宗が自ら出馬、郡山城。

郡山市桜木・西ノ内付近にある郡山館跡

福島県中通り中部、郡山盆地の中心で阿武隈川の西岸に位置する郡山市。その街の中央に、天正十六年(1588)六月、田村氏に属していた郡山城主・郡山頼祐を救援するため駆けつけた伊達政宗と、佐竹・蘆名氏ら連合軍が戦った郡山合戦(夜討川の合戦)の舞台、郡山城があります。

この戦で、伊達の勇将、伊藤肥前守重信が劣勢の中奮戦して戦死し、七月に講和が成立するまで両軍は逢瀬川を挟んで対峙しました。また、郡山城があったとされる場所は、郡山館跡(桜木・西ノ内説)と稲荷館跡(陣屋説)とがあり、前者の郡山市桜木・西ノ内付近には、現在でも土塁などが残されています。

郡山駅西口、寿泉堂総合病院付近にある稲荷館跡

後者の稲荷館は、郡山駅西口の寿泉堂総合病院付近が該当し、開発等から当時の遺構を探すことは難しくなっていますが、中心の曲輪と思われる付近は周囲より若干高くなっているなど、僅かに当時の面影を感じさせてくれます。尚、郡山城の場所は、現在こちらの稲荷館跡(陣屋説)が有力視されています。

郡山館跡へのアクセス

  • 〒963-8021 福島県郡山市桜木1丁目
  • 東北本線「郡山駅」から車で8分
  • 東北自動車道「郡山IC」から車で11分

稲荷館跡へのアクセス

  • 〒963-8002 福島県郡山市駅前1丁目
  • 東北本線「郡山駅」から徒歩7分
  • 東北自動車道「郡山IC」から車で20分
関連記事
山形市山形県

南館跡 / 神明神社

福島市福島県

福島城跡

宮城県登米市

葦名館跡(葦名在所)

二本松市福島県

国指定史跡 二本松城跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな記事も読まれています...
麓山神社