伊達軍と葦名・佐竹ら連合軍が戦った郡山合戦時の片倉景綱陣所跡。

福島県中央部、郡山盆地の中心にあり、阿武隈川西岸に位置する郡山市。市内を東流する逢瀬川の北岸に旧福原村(現郡山市富久山町福原)があり、字陣場には、小十郎坦と呼ばれる小山が残されています。此処は、天正十六年(1588)伊達軍と蘆名・佐竹連合軍との戦いである郡山合戦の折、片倉景綱が陣所にした所で、伊達本陣の南方に位置します。

四千ともいわれる蘆名・佐竹連合軍に対して、郡山に投入できる伊達軍の兵力は六百程度だったとされ、一ヶ月以上にも及ぶ持久戦は政宗にとって人取橋と並んで最も苦しい戦だったと伝えられています。また、この一帯には、福原古墳四十八坦と呼ばれる古墳群があったとされ、ここが現存する唯一の古墳跡でもあります。

小十郎坦へのアクセス

  • 福島県郡山市富久山町福原陣場
  • 東北本線「郡山駅」から車で12分
  • 磐越自動車道「郡山東IC」から車で9分
  • ツルハドラッグ富久山福原店の脇から細い道を入ると本栖寺の駐車場あり