慈雲山 資福寺

仙台市

米沢時代から伊達氏の厚い崇敬を受け、紫陽花寺としても著名な慈雲山資福寺

仙台城下の北辺を区切る台原段丘の西半を占める地域、仙台市青葉区北山。諸寺に対する崇敬と城下防衛の意味も兼ね、慶長年間伊達氏縁故の寺々が段丘上の用地に配置されたこの町の東に、京都妙心寺の末寺で、米沢時代から伊達氏の厚い崇敬を受けてきた臨済宗慈雲山資福寺があります。

この寺は、伊達氏三代義弘が建長年間伊達郡に観音寺を建立、伊達五山のひとつとし、のちに荒廃していたものを、輝宗の代、置賜郡夏刈に虎哉宗乙を招いて再興、資福寺に改めました。のちに岩出山を経て、慶長五年(1600)仙台谷地小路に、さらに寛永十五年(1638)には輪王寺の東隣のこの地に移されました。

慈雲山 資福寺へのアクセス

  • 〒981-0931 宮城県仙台市青葉区北山1−13−1
  • 仙山線「北仙台駅」から徒歩で14分
  • 地下鉄南北線「北四番丁駅」から徒歩で22分
  • 東北自動車道「仙台宮城IC」から車で12分

東北の名城を歩く 南東北編 宮城・福島・山形

飯村 均 編
室野 秀文 編

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

最近の記事

  1. 勝楽山 高蔵寺 / 高蔵寺阿弥陀堂

  2. 小手森城跡

  3. 大森城跡

新着記事 オススメ 特集記事
  1. 勝楽山 高蔵寺 / 高蔵寺阿弥陀堂

  2. 小手森城跡

  3. 大森城跡

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 人取橋古戦場跡

  2. 摺上原古戦場跡 / 町指定史跡 三忠碑

  3. 粟ノ巣古戦場跡

TOP