慈雲山 資福寺

米沢時代から伊達氏の厚い崇敬を受けた寺院で、現在は千二百株が植えられる「あじさい寺」として広く市民に親しまれる。

慈雲山 資福寺の来歴

仙台城下町のひとつで、伊勢堂山の東から堤町の鹿島崎に連なる丘陵南麓の寺町、旧北山町(現青葉区北山ほか)。町域の東部、木町通突き当たりに輝宗公菩提寺の覚範寺があり、寺域西隣には、輝宗が美濃から虎哉宗乙を招いて中興開山とし、臨済宗妙心寺派として再興された寺院、慈雲山 資福寺があります。

資福寺は、弘安年中(1278-1288)長井氏三代時秀入道西規が、越後・出羽・陸奥の交通の要衝に当たる屋代庄夏狩郷(東置賜郡高畠町夏茂)に禅寺を創建せんと鎌倉建長寺の大休正念(仏源禅師)の高弟紹規(義翁紹仁)を招いて建立したと伝え、紹規は師を尊んで、大休正念を開山としたといわれています。

伊達氏の時代になると、大膳大夫政宗夫妻の墓が寺域に移され、持宗は比叡山仏師に観音像を刻ませ本尊としました。元亀三年(1572)輝宗は政宗の師として赤湯村東昌寺に寓居していた虎哉を招き資福寺を中興開山、三代義廣夫妻の菩提寺である伊達郡の観音寺と興福寺を吸収、菩提を弔うようになりました。

この時、観音寺と興福寺から観音像三十三体並びに義廣夫妻の霊牌が安置されたといいます。天正十三年(1585)十月八日、二本松畠山義継によって輝宗が非業の死を遂げると、翌九日小浜に移され、政宗は資福寺虎哉和尚を導師として信夫郡佐原村の寿徳寺で荼毘に付し、置賜郡夏刈村の資福寺に葬りました。

天正十九年(1591)政宗に従い岩出山に移り、慶長五年(1600)仙台開府に合わせて谷地小路(東七番丁)に、寛永十五年(1638)には現在の北山の地に移転しました。往時の堂塔伽藍は広壮なもので、伊達氏三代義廣の霊廟として塔頭の長昌庵も建てられていましたが、明治維新後焼失、廃寺となっています。

資福寺の観音堂は、二代藩主忠宗の灰塚があった定光寺から遷座されたもので、藤原秀衡の三男和泉三郎忠衡の守本尊と伝わる聖観音が安置され、仙台三十三観音第三番札所となっています。また、境内には「資福寺のこうようざん」「資福寺の七香木蓮」等も植栽され、仙台市の保存樹木に指定されています。

本尊

  • 釈迦如来坐像(高村光雲作)

仙台市保存樹木

  • 指定番号14「資福寺の七香木蓮」樹高3.8m、幹周1.7m、指定樹齢320年
  • 指定番号15「資福寺の五葉松」樹高12.5m、幹周1.3m、指定樹齢200年(欠番?)
  • 指定番号16「資福寺のこうようざん」樹高16.0m、幹周2.0m、指定樹齢200年

関連記事

Related Articles
資福寺館跡
Related Articles
大悲山 弘誓院 観音寺
Related Articles
宝珠山 慈徳寺 / 伊達輝宗公首塚

慈雲山 資福寺へのアクセス

  • 〒981-0931 宮城県仙台市青葉区北山1−13−1
  • 仙山線「北仙台駅」より徒歩14分
  • 仙山線「北山駅」より徒歩18分
  • 地下鉄南北線「北四番丁駅」より徒歩22分
  • 東北自動車道「仙台宮城IC」より車で12分

参考文献

  • 仙臺市史編纂委員會編(1953)『仙臺市史7 別篇5』仙臺市役所.
  • 宮城県寺院総覧編纂会編(1975)『宮城県寺院大総覧』宮城県寺院総覧編纂会/山形.
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編(1979)『角川日本地名大辞典4 宮城県』角川書店.
  • 大塚徳郎・竹内利美編(1987)『日本歴史地名体系4 宮城県の地名』平凡社.
  • 石垣昭雄編(1987)『伊達政宗公ゆかりの寺院(仙台編その一)』宮城文化協会.
  • 伊達篤郎編(2001)『伊達政宗 教導の師 虎哉宗乙』伊達篤郎.
  • 八幡地区まちづくり協議会編(2007)『杜の散歩道 仙台市北西部散策ガイド』大崎八幡宮.
  • 仙台市建設局百年の杜推進部百年の杜推進課編(2009)『杜の都の名木・古木 平成20年度版』仙台市建設局百年の杜推進部百年の杜推進課.
  • 吾妻信夫編(2014)『仙台藩の埋もれた遺臣たち』北山ガイドボランティア.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最上部に戻る
Close