伊達郡国見町福島県

町指定史跡 藤田城跡

阿津賀志山の戦いの折、源頼朝が鎌倉軍の本陣を置いたと云う藤田城。

伊達郡国見町の南端に通称「源宗山」と呼ばれる高地があり、ここに藤田城が築かれていました。中心部の主郭は東西180m・南北160mの平場で、西側に土塁跡、北西隅には枡形虎口が残されています。かつては南に二の郭、北に北の郭があり、連郭式の城であったと考えられています。

源宗山の名は、文治五年(1189)阿津賀志山の戦いで頼朝軍の本陣を置いたことに由来し、南北朝の時代には南朝軍の拠点でもありました。下って室町時代には伊達氏家臣・藤田氏の居城となり、天文の乱で稙宗側に付いた藤田氏は断絶。城はこの時廃城になり、現在の遺構はその当時のものとされています。

藤田城跡へのアクセス

  • 〒969-1771 福島県伊達郡国見町山崎北古舘
  • 東北本線「藤田駅」から徒歩10分
  • 東北自動車道「国見IC」から車で6分
About author

南奥羽各地の城館や神社仏閣などの史跡巡りスポットを浅い知識でのんびりと巡っています。大河は、独眼竜政宗、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。たまに壁紙やコラ画像を作ったりもします。
関連記事
宮城県登米市

葦名館跡(葦名在所)

宮城県登米市

市指定史跡 首壇

二本松市福島県

国指定史跡 二本松城跡

宮城県岩沼市

鵜ヶ崎城跡(岩沼要害)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です