仙台市宮城県

通宝山 永昌寺

初代藩主政宗公生母、保春院の灰塚が現存する通宝山 永昌寺。

仙台城下町のひとつで、北山輪王寺門前より新坂に至る通であった新坂通。昭和43年以降、新坂町と名を変えた寺屋敷が並ぶこの町の北側に、昌伝庵の末寺で元和九年に再興された通宝山永昌寺があります。政宗の生母保春院は元和九年(1623)に死去、北山の覚範寺で火葬し葬られました。

法名は保春院殿花窓久栄尼大姉。其の後、中陰中に現在の永昌寺本堂裏手の原野を葬場とし、空棺で葬礼を行ってその棺を燃やし、灰を多量の土で覆い灰塚と称して祀られました。この様な特有の葬送は三百諸侯中伊達家のみだったとされ、四代綱村の代まで行われましたが、五代吉村の代に廃止となりました。

通宝山 永昌寺へのアクセス

  • 〒981-0934 宮城県仙台市青葉区新坂町18−1
  • 仙山線「北山駅」から徒歩で9分
  • 東北自動車道「仙台宮城IC」から車で12分
About author

南奥羽各地の城館や神社仏閣などの史跡巡りスポットを浅い知識でのんびりと巡っています。大河は、独眼竜政宗、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。たまに壁紙やコラ画像を作ったりもします。
関連記事
伊達郡川俣町福島県

鶏足山 頭陀寺

二本松市福島県

二松山 安達院 称念寺

宮城県登米市

市指定史跡 首壇

伊達郡桑折町福島県

大悲山 弘誓院 観音寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です