名所旧跡と館めぐり
陣林館跡 遠景

陣林城跡/枳沢館跡

伊達氏と相馬氏が争った際に築かれたという相馬方の出張りの城館で、わずかに曲輪や空堀の跡などが残されている。

陣林城跡/枳沢館跡の来歴

天正十一年(1583)条

○此年小斎金山両城ノ境明護山ニ御陣城ヲ築キ亘理源五郎殿重宗白石右衛門宗実田手助三郎宗実佐藤宮内(諱不知)等ヲ籠置キ玉フ相馬殿ハ大内村ニ陣城ヲ築キ対陣セラル度々戦アリ(戦ノ様子不伝)終ニ亘理殿父子ノ謀策ヲ用ヒ玉ヒ金山丸森ノ両城御手ニ属ス

『性山公治家記録 巻之五』

伊具郡大内村風土記御用書出

大内村

一旧跡 一ッ
一陣海道
貞山様相馬御陣之節御通行被遊候海道と申伝候事

一古館 一ッ
陣林館
右ハ貞山様相馬御取合之節相馬長門守様義胤此所江御出張被成候由申伝候但当時ハ御林ニ罷成居申候事

『宮城縣史23 資料篇1』

関連記事

陣林城跡へのアクセス

  • 〒981-2501 宮城県伊具郡丸森町大内横手
  • 阿武隈急行「丸森駅」より車で15分
  • 常磐自動車道「新地IC」より車で10分

枳沢館跡へのアクセス

  • 〒981-2501 宮城県伊具郡丸森町大内鬼ケ柵
  • 阿武隈急行「丸森駅」より車で15分
  • 常磐自動車道「新地IC」より車で10分
\ この記事をシェア /
0
Share
Shareable URL
Prev Post

市指定天然記念物 片倉のナシの木

Next Post

冥護山館跡/西山館跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい

金龍山 瑞雲寺

元和三年(1617)中島伊勢守宗求によって中興された中島氏の菩提寺で、境内の裏山には御霊屋跡や中島家廟所がある。
寺標と参道

冥護山館跡/西山館跡

天正年間、伊具郡の領有をめぐる伊達氏と相馬氏の抗争の中で築かれた城館で、藩政期には政宗・成実の陣城として語り継がれてきた。
冥護山館跡 遠景

柴小屋館跡

天文の乱頃から天正十八年にわたる伊達・相馬両氏の抗争の場となった城館で、小斎城とも称され、平場や土塁、空堀などが残されている。
柴小屋館跡 遠景