大崎合戦時の伊達軍戦没者を葬ったとされる供養塚、七曜塚。

天正十六年(1588)大崎合戦の際、泉田重光・長江月鑑斎らが幽閉された蟻ケ袋城から北東1.2kmの地点に七曜塚があります。これは、伊達勢が大崎氏の新沼城、中新田城を攻めた際の戦没者を葬った供養塚で、民家南東丁字路を起点に半径五〇㍍程が遺跡範囲となり、県道157号線沿いに標柱が建てられています。

天正年間、伊達軍が大崎市の新沼、中新田を攻めた際、伊達軍の戦没者を葬った供養塚である。

現地標柱より

七曜塚へのアクセス

  • 〒989-6322 宮城県大崎市三本木南谷地長寿院浦
  • 陸羽本線「古川駅」から車で11分
  • 東北自動車道「古川IC」から車で13分