伊達政宗が父輝宗の菩提を弔うために建立したと云う覚範寺の跡地。

上杉の城下町として知られる山形県米沢市。その米沢城から西へ二㌖の山中に、伊達輝宗の菩提寺であるかつての覚範寺跡が残されています。天正十三年(1585)畠山義継に捕らえられ悲壮な死を遂げた輝宗は、信夫郡佐原村の慈徳寺で荼毘に付され、遺骨は夏刈の資福寺に埋葬されました。

翌十四年に二本松城を攻め取った政宗は、父の菩提寺として遠山村に覚範寺を建立、住職に虎哉和尚を迎えます。法名は覚範寺殿性山受心大居士。天正十九年(1591)には政宗の移封で岩出山、更に現在の北山へと移り、遠山の覚範寺は廃寺となりましたが、今でも仙台の覚範寺などから参拝者が訪れています。

遠山 覚範寺跡へのアクセス

  • 〒992-0066 山形県米沢市遠山町
  • 奥羽本線「米沢駅」から車で14分
  • 東北中央自動車道「米沢中央IC」から車で16分