宝珠山 寿徳寺

仙台市

仙台城下町のひとつで、二代藩主忠宗が取り立てた半子はんこ衆と呼ばれる旗本足軽が居住したことに由来すると云う、旧半子町(現青葉区国見一〜二丁目・子平町ほか)。町域北西端、旧芋沢村へと通じる街道沿いには、松音寺の末寺で、伊達輝宗の牌寺として三六石の寺禄を受けていたと云う、宝珠山 寿徳寺じゅとくじがあります。

天正十三年(1585)伊達輝宗が宮森城中で二本松城主畠山義継に捕らえられ、阿武隈川畔の高田原に於いて不慮の死を遂げた際、政宗は旧信夫郡佐原村(現福島市佐原)の寿徳寺で荼毘だびに付し、後に旧置賜郡夏刈村(現高畠町夏茂)の資福寺に移葬、虎哉和尚を導師として寿徳寺の慧繁和尚が仏事を行いました。

天正十九年(1591)政宗の岩出山移封に伴って寿徳寺も移転、佐原村の同寺は廃寺となり、後に政宗の仙台開府に当たって岩出山から現在地に移りました。別名円門と呼ばれる寿徳寺の山門は慶応二年(1866)建立の切妻造の薬医門で仙台市登録文化財。本尊の宝冠釈迦如来坐像は仙台市指定文化財となっています。

関連記事

宝珠山 寿徳寺へのアクセス

  • 〒981-0943 宮城県仙台市青葉区国見1丁目15−1
  • 仙山線「東北福祉大前駅」から徒歩で7分
  • 東北自動車道「仙台宮城IC」から車で10分

Reference Materials

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会 編(1979)『角川日本地名大辞典4 宮城県』角川書店.
  • 大塚徳郎・竹内利美 編(1987)『日本歴史地名体系4 宮城県の地名』平凡社.
  • 福島市史編纂委員会 編(1970)『福島市史 第1巻 原始・古代・中世(通史編1)』福島市教育委員会.
  • 福島市仏教会・福島市寺院名鑑刊行会 編(1984)『福島市寺院名鑑』福島市仏教会・福島市寺院名鑑刊行会.

直江兼続と関ヶ原

公益財団法人 福島県文化振興財団 編

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

関連記事

特集記事

コメント

  1. 粟ノ巣の変で倒れた伊達輝宗の牌寺で、仙台開府にあたり現在地へ移転。

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

最近の記事

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

新着記事 オススメ 特集記事
  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 人取橋古戦場跡

  2. 摺上原古戦場跡 / 町指定史跡 三忠碑

  3. 粟ノ巣古戦場跡

TOP