粟ノ巣の変で倒れた伊達輝宗の牌寺で仙台開府に当たり現在地へ移転

仙台城下町のひとつで、二代藩主忠宗が取り立てた半子衆と呼ばれる旗本足軽が居住したことに由来する旧半子町(現青葉区国見ほか)。宮城郡芋沢村に通じる街道沿いのこの町の北西端には、松音寺末寺で、伊達輝宗の牌寺として三六石の寺禄を受けていたと云う宝珠山 寿徳寺があります。

天正十三年(1585)輝宗が高田原に倒れた時、政宗は旧信夫郡佐原村(現福島市佐原)の寿徳寺で荼毘に付し、のちに夏刈村の資福寺に移葬、虎哉和尚を導師として寿徳寺の慧繁和尚が仏事を行いました。寿徳寺は政宗の移封とともに岩出山を経て仙台へと移り、佐原村の寿徳寺跡に再興された慈徳寺には、輝宗の首塚が残ります。

宝珠山 寿徳寺へのアクセス

  • 〒981-0943 宮城県仙台市青葉区国見1丁目15−1
  • 仙山線「東北福祉大前駅」から徒歩で7分
  • 東北自動車道「仙台宮城IC」から車で10分