SCROLL TO READ MORE

四方二丁余の土塁を巡らせた領内随一の寺院跡で、伊達輝宗ら四基の墓が残る

山形県南東部、米沢盆地の東部に位置し、中世には伊達氏の城下町であった東置賜郡高畠町。町域の西端、最上川の上流松川と支流和田川の合流点付近に旧置賜郡夏刈村(現高畠町夏茂)があり、松川の右岸小松街道の側には、伊達氏が帰依寺、学問寺として手厚く保護したという寺院跡、資福寺館跡があります。

資福寺は、弘安年中(1278 ~ 1288)長井氏三代時秀が、越後、出羽、陸奥の交通の要衝である当地に寺を創建せんと鎌倉建長寺けんちょうじ大休禅師の高弟こうてい紹規を招いて建立したと伝え、その規模は四方二丁余の二重に土塁を巡らした領内随一のもので、現在も土塁や堀跡、本堂跡、蓮池跡、夏刈六面幢ろくめんどうなどが残されています。

元亀三年(1572)政宗の父輝宗は旧置賜郡赤湯村の東正寺に寓居ぐうきょしていた虎哉宗乙を招いて資福寺住職として厚遇。虎哉は資福寺の中興開山となり、梵天丸の師父となりました。天正十三年(1585)輝宗が畠山義継の奸計かんけいによって非業の死を遂げると、佐原村の慈徳寺で荼毘だびに付され、この資福寺に埋葬されました。

輝宗の墓前にあるのが殉死した遠藤基信の墓で、十月八日の輝宗の死から二七日ふたなぬかに当たる同月二十一日に墓前で自刃し、輝宗の側に控えるように殉葬されました。残りの二基は伊達氏九代大膳大夫だいぜんのだいぶ政宗(儀山公)夫妻の墓で、資福寺境内を塋域えいいきとした伊達氏が旧竹森村の野手倉から還したものと考えられています。

天正十九年(1591)政宗の岩出山移封に伴い資福寺も移転し、梵鐘は亀岡大聖寺に、本尊の観音像は米沢城下福泉寺に寄進されるも、寺跡は次第に荒廃しました。口碑に「宝永・正徳の頃迄、盆中には伊達の微臣びしん来り、匍匐ほふくして此域に入り提燈ちょうちんを燃やす。其後五輪の内二つ仙臺にかくかしめ遂に来らずといふ」云々と伝わります。

尚、最上川対岸の旧置賜郡洲島村(現東置賜郡川西町洲島)にある臥牛山 龍高院の寺歴によれば、その開山は勅特賜曇英恵応大和尚、開基は大膳大夫政宗(儀山公)、開基檀頭が夏刈の伊達家の墓守として残された小浅徳右衛門だと云い、資福寺の名跡を継ぐ寺院であったとされるも、詳細は不明となっています。

慶長十九年(1614)政宗は幕命を奉じた越後高田城普請の帰路、往時の遺跡を訪ねようと旧領である米沢に入り、旧上小松村(現川西町上小松)の常念寺に宿泊。翌日夏刈の墓を参詣するも、礎石のみが残る資福寺跡を前に、「あるときはあるにまかせてうとけれどなき跡をとふ草枕かな」と述懐したと云います。

寛政七年(1795)米沢藩上杉鷹山の藩政改革に於ける米沢藩士黒井半四郎の一大灌漑かんがい事業である「黒井堰くろいぜき」が完成すると、鷹山は全行程を絵図にするよう命じ、資福寺跡、それを囲むように資福寺館跡、更に和田川沿いに政宗館(夏刈館)跡とその東の森に現存する熊野神社が描かれ、当時の様子が今に残されました。

鷹山は黒井堰視察の折に資福寺跡を訪れ、大膳大夫政宗、左京大夫輝宗らの墓があることに驚き、代官松本助兵衛をして墓域の掃除料として年貢を免除したと云い、墓守である小浅徳右衛門家には「御改葬の跡であっても先候の御埋葬地にて汚し奉るに至っては恐れ多く」云々といった内容の代官所覚書が残されています。

関連記事

資福寺館跡へのアクセス

  • 〒999-2172 山形県東置賜郡高畠町夏茂
  • 奥羽本線「高畠駅」から車で6分
  • 東北中央自動車道「米沢北IC」から車で13分

夏刈館跡へのアクセス

  • 〒999-2172 山形県東置賜郡高畠町夏茂
  • 奥羽本線「高畠駅」から車で6分
  • 東北中央自動車道「米沢北IC」から車で13分
Author
kenc0224

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。