香積山 天皇寺

伊達政宗三男河内守宗清とその養母飯坂御前が眠る飯坂氏の菩提寺で、同氏に従い江戸時代前期に現在地に移転。

香積山 天皇寺の来歴

宮城県中央部、船形山連峰の東麓に位置し、北の大松沢丘陵、南の黒川丘陵の両丘陵間に拓ける黒川郡大和町。町域の北部、東流する吉田川左岸に旧今村(現大和町吉岡)があり、吉岡宿上町南方外れには、飯坂氏の菩提寺で、伊達政宗三男河内守宗清とその養母飯坂の局の墓が残る、香積山 天皇寺があります。

臨済宗妙心寺派、香積山と号す天皇寺は、正観世音菩薩を本尊とし、法燈円明国師の開山、政宗三男で飯坂氏を継いだ伊達河内守宗清の中興開基と伝え、古くは飯坂氏菩提寺として信夫郡上飯坂村にありましたが、同氏に従って移転を重ね、元和二年(1616)江戸期の宿場町である黒川郡吉岡の地に移りました。

伊達河内守宗清の墓

政宗三男河内守宗清は、母は六郷伊賀守娘で政宗側室の新造の方、慶長九年(1604)飯坂の局を養母とし、飯坂氏を継いで黒川郡を与えられ、松森、下草を経て、元和二年(1616)城下町吉岡を開府しました。寛永十一年(1634)後継ぎに恵まれずに三十五歳で病没。七人の殉死者と共に天皇寺に葬られました。

飯坂御前の墓

飯坂の局は、伊達氏庶流飯坂氏十四代、信夫郡飯坂城主飯坂宗康の次女で、永禄十二年(1569)生まれ、後に伊達政宗の側室となって米沢城に入り、飯坂の局と称されました。伊達氏の移封の際に松森、後に下草、吉岡へと移り、寛永十一年(1634)六十六歳で死去。宗清が眠る菩提寺、天皇寺に葬られました。

関連記事

Related Articles
香積山 天王寺 / 飯坂宗康の墓

香積山 天皇寺へのアクセス

  • 〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡天皇寺184−20
  • 東北自動車道「大和IC」より車で6分
  • 地下鉄南北線「泉中央駅」より車で21分

参考文献

  • 宮城県寺院総覧編纂会編(1975)『宮城県寺院大総覧』宮城県寺院総覧編纂会/山形.
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編(1979)『角川日本地名大辞典4 宮城県』角川書店.
  • 大塚徳郎・竹内利美編(1987)『日本歴史地名体系4 宮城県の地名』平凡社.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最上部に戻る
Close