Night Mode Night Mode
Day Mode Day Mode

泰衡館跡(太平館跡)

藤原泰衡の居館とされ、戦国期には伊達家臣中目日向の居城となる

文治五年(1189)源頼朝軍と奥州藤原氏の戦いの舞台となった阿津賀志山から北へ約一〇㌖、現在の白石市大平中目に泰衡館がありました。泰衡館は周囲との比高約二八㍍の丘陵に構えられた平山城で、丘陵頂部の平坦部一隅には太平神社が鎮座し、現在でも腰郭や土塁が残されています。

泰衡(たいへい)館は、頼朝の平泉征伐の際に藤原泰衡が居住したとされ、泰衡の音と訓に因んで「たいへい」と呼ばれるようになり、地名・館名の由来になったと伝わります。後に頼朝の御家人・結城七郎朝光の居城となり、降って戦国時代には、伊達家臣・中目日向が同村の赤館に移るまで居城としました。

泰衡館跡(太平館跡)へのアクセス

  • 〒989-0216 宮城県白石市大平中目字太平山
  • 東北本線「白石駅」より車で13分
  • 東北自動車道「白石IC」より車で13分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最上部に戻る
Close