津島神社

登米市

難攻不落の佐沼城に対して万策尽きた政宗が祈願したと伝わる

宮後県北部に位置し、葛西大崎一揆の舞台となった佐沼城がある事で知られる登米市迫町佐沼。その佐沼城から迫川沿いに1.2km程南下すると津島神社があります。文治五年(1189)源頼朝が奥州藤原氏を討伐、戦勝御礼参りの後、葛西壱岐守に命じて北方村に勧請したのが始まりとされています。

降って天正十九年(1591)、葛西・大崎両氏の旧臣らは一揆を起こして佐沼城に籠城。佐沼水域の難攻不落に万策尽きた政宗が津島神社(現在の津島本宮社)に祈願したところ、白鷺の群れが沼の浅瀬(現在の鷺橋)に降り立ち、深沼ではないことを知った伊達勢は籠城軍を一気に攻め、城は落城となりました。

後の慶長十九年(1614)、政宗は領主である津田景康に城の鎮護を命じ、北方村にあった津島神社を城下である現在地に移し、今後領内において謀反なきものとするため社殿を佐沼城に向かって北向きに建立、佐沼郷の総鎮守社としました。社殿は明治四十五年の佐沼大火で全焼、大正十二年に再建されました。

津島神社へのアクセス

  • 〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼西佐沼147
  • 東北本線「新田駅」より車で15分
  • 東北自動車道「築館IC」から車で25分

龍の右目 伊達成実伝

吉川永青 著

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

最近の記事

  1. 勝楽山 高蔵寺 / 高蔵寺阿弥陀堂

  2. 小手森城跡

  3. 大森城跡

新着記事 オススメ 特集記事
  1. 勝楽山 高蔵寺 / 高蔵寺阿弥陀堂

  2. 小手森城跡

  3. 大森城跡

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 人取橋古戦場跡

  2. 摺上原古戦場跡 / 町指定史跡 三忠碑

  3. 粟ノ巣古戦場跡

TOP