福島市福島県

土合館跡

伊達実元の隠居城であった八丁目城東方の支城、土合館。

伊達実元の隠居城として知られる八丁目城から南東1.5kmの地点に標高228.1mの土合山があり、山上には土合館が構えられていました。土合館を東館、八丁目城を西館とも呼び、この土合館は八丁目城の支城でしたが、その規模は大きく堅固であったといいます。

天正十三年(1585)政宗の父、輝宗が畠山義継に殺害されるや、伊達勢は八丁目城、土合館を根拠に戦いをすすめ、畠山氏は滅亡の道を辿りました。のちに二本松城代に伊達成実が任命されましたが、天正十九年(1591)秀吉の命により政宗が移封されるとともに、東西両館は廃城となりました。

東館跡へのアクセス

  • 福島県福島市松川町土合舘
  • 東北本線「松川駅」から車で9分
  • 東北自動車道「二本松IC」から車で19分
About author

南奥羽各地の城館や神社仏閣などの史跡巡りスポットを浅い知識でのんびりと巡っています。大河は、独眼竜政宗、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。たまに壁紙やコラ画像を作ったりもします。
関連記事
二本松市福島県

畠山義継公梟首之処

宮城県登米市

葦名館跡(葦名在所)

二本松市福島県

国指定史跡 二本松城跡

宮城県岩沼市

鵜ヶ崎城跡(岩沼要害)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です