名所旧跡と館めぐり

伊達上野介政景陣地跡

葛西大崎一揆の戦いで、伊達軍の留守政景はこの地に陣を構えたという。

伊達上野介政景陣地跡の来歴

宮城県北部、迫川流域の平坦地に位置する旧栗原郡北方村(現登米市迫町佐沼・北方)。仙台領内北部と仙台城下を結ぶ枢要の地であったこの地に、葛西大崎一揆で太守木村吉清らが籠城した佐沼城(別称、鹿ヶ城)があり、城から東へ八〇〇㍍の地点には、佐沼城へ進軍する際に使われた伊達(留守)政景の陣地跡が残されています。

天正十九年(1591)葛西大崎一揆討伐の命を受けた政宗の軍勢は、木村吉清が出たあと一揆勢が立て籠もった佐沼城を包囲。政宗の叔父で留守家を嗣いだ伊達(留守)政景の陣は、記録によれば「伊達上野介政景陣場は瀬川の城東方」とあり、当時まだこの付近には大念寺があって、兵糧山と同様に伊達軍の炊事場だったと伝えられています。

関連記事

伊達上野介政景陣地跡へのアクセス

  • 〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼梅ノ木3丁目7
  • 東北本線「新田駅」より車で14分
  • 東北自動車道「築館IC」より車で24分
\ この記事をシェア /
0
Share
Shareable URL
Prev Post

少林山 保春院

Next Post

松蔭山 光明寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい

寺池館跡

中世には葛西氏、小野寺氏らの居城であったが、伊達政宗の所領になると白石宗直が入城、登米伊達氏を称して代々の居城となった。
寺池館跡 城址碑

葦名館跡(葦名在所)

宮城県北西端にあって夏川を境に岩手県に接し、南境を迫川が東流する旧石越村(現登米市石越町)。戦国期には葛西・大崎の二大勢力の接点となったこの地に、かつて戦国大名の雄であった会津蘆名氏の支流、葦名豊前守盛寿が1,500石の…
葦名館跡(葦名在所)