仙台市宮城県

少林山 保春院

保春院 義姫の菩提寺で、仙台藩祖政宗公父母の御位牌が残る少林山保春院。

仙台城下町のひとつで、仙臺藩祖公御母堂菩提所・保春院の前に形成された町、保春院前丁。この少林山 保春院は、仙台七刹のひとつ、臨済宗花園妙心寺の末寺で、寛永十二年(1635)藩祖伊達政宗が、生母である保春院の十三回忌に菩提寺として創建し、同十三年に方丈が完成しました。

保春院の寺格は一門格で、寺領は180石、最盛期の寺地は五町八反もあったといわれますが、宝永四年(1707)二月の大火で類焼してしまいます。しかし、政宗が作ったといわれる保春院の位牌と、保春院(義姫)が夫亡きあと手を合わせていたという輝宗公の位牌が、再建された本堂に現在でも残されています。

保春院へのアクセス

  • 〒984-0811 宮城県仙台市若林区保春院前丁50
  • 東北本線「仙台駅」から車で10分
  • 地下鉄東西線「薬師堂駅」から徒歩で11分
  • 仙台東部道路「仙台東IC」から車で12分
関連記事
福島市福島県

萬年山 長楽寺

福島市福島県

琥珀山 宝積寺

宮城県川崎町柴田郡

陽廣山 龍雲寺

宮城県宮城郡松島町

瑞雲峰 天麟院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です