微笑山 江巖寺

仙台市

伊達政宗と正室愛姫の三男竹松丸の菩提寺で近年御霊屋が建立された。

仙台城下町のひとつで、江戸初期には足軽屋敷や侍屋敷が置かれた旧北八番丁(現青葉区柏木・堤通雨宮町ほか)。その北八番丁と西端の土橋通とが交わる北裏の一角には、伊達政宗と正室愛姫の三男で、元和元年(1615)三月一八日、七歳で夭折した竹松丸の菩提寺、微笑山 江巖寺(みしょうざん こうがんじ)があります。

七歳で夭折した竹松丸は、輪王寺十世鱗菴光金大和尚の導師により葬儀が営まれ、江巖寺殿惠春大禅定門と諡されて、輪王寺に埋葬されました。竹松丸の菩提を弔うため、愛姫を開基として江巖寺が創建。平成二十七年(2015)に建立された御霊屋には、竹松丸と殉死した二人の位牌が祀られています。

関連記事

微笑山 江巖寺へのアクセス

  • 〒981-0933 宮城県仙台市青葉区柏木3丁目7−40
  • 仙山線「東北福祉大前駅」から徒歩で16分
  • 東北自動車道「仙台宮城IC」から車で16分

龍の右目 伊達成実伝

吉川永青 著

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

最近の記事

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

新着記事 オススメ 特集記事
  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 人取橋古戦場跡

  2. 摺上原古戦場跡 / 町指定史跡 三忠碑

  3. 粟ノ巣古戦場跡

TOP