伊達政宗と正室愛姫の三男竹松丸の菩提寺、微笑山 江巖寺

仙台城下町のひとつで、江戸初期に足軽屋敷や侍屋敷が置かれた北八番丁(現柏木1〜3丁目、堤通雨宮町、木町、通町1丁目)の一角に、元和元年(1615)三月十八日、七歳で夭折した竹松丸の菩提寺、微笑山 江巖寺(みしょうざんこうがんじ)があります。

伊達政宗と正室愛姫の三男として誕生した竹松丸は、七歳で夭折。輪王寺十世鱗菴光金大和尚の導師により葬儀が営まれ、江巖寺殿惠春大禅定門と諡されて、輪王寺に埋葬されました。竹松丸の菩提を弔うため、愛姫を開基として江巖寺が創建。この御霊屋には、竹松丸と殉死した二人の位牌が祀られています。

関連記事

微笑山 江巖寺へのアクセス

  • 〒981-0933 宮城県仙台市青葉区柏木3丁目7−40
  • 仙山線「東北福祉大前駅」から徒歩で16分
  • 東北自動車道「仙台宮城IC」から車で16分