神明社一ノ鳥居付近に建っていたと云う旧白石城厩口門が現存

宮城県の最南部、白石盆地の中心で、白石川が小原峡谷から出た氾濫原に立地する旧白石本郷(現白石市益岡町ほか)。その東北流する白石川の南岸に、義経主従の伝説が残る字不澄ケ池があり、旧白石城厩口(うまやぐち)門を移築した山門が現存する瑞珠山 延命寺があります。

古くは潮石寺と号した延命寺は、慶長年中に中道坊卓彦俊雄法印が中興したとされ、現在の山門は、旧白石城の厩曲輪(うまやくるわ)に建っていた厩口門を移築したものです。また、境内の西側には、源義経奥州下向の際に弁慶が剣を磨き、錆水が池に流れ込んで濁ったことがその名の由来という、不澄ヶ池が残され、地名の由来ともなっています。

瑞珠山 延命寺へのアクセス

  • 〒989-0271 宮城県白石市不澄ケ池68
  • 東北本線「白石駅」から徒歩で8分
  • 東北自動車道「白石IC」から車で7分