瑞珠山 延命寺 / 旧白石城厩口門

白石市

神明社一ノ鳥居付近に建っていたと云う旧白石城厩口門が現存

宮城県の最南部、白石盆地の中心で、白石川が小原峡谷から出た氾濫原に立地する旧白石本郷(現白石市益岡町ほか)。その東北流する白石川の南岸に、義経主従の伝説が残る字不澄ケ池があり、旧白石城厩口(うまやぐち)門を移築した山門が現存する瑞珠山 延命寺があります。

古くは潮石寺と号した延命寺は、慶長年中に中道坊卓彦俊雄法印が中興したとされ、現在の山門は、旧白石城の厩曲輪(うまやくるわ)に建っていた厩口門を移築したものです。また、境内の西側には、源義経奥州下向の際に弁慶が剣を磨き、錆水が池に流れ込んで濁ったことがその名の由来という、不澄ヶ池が残され、地名の由来ともなっています。

関連記事

瑞珠山 延命寺へのアクセス

  • 〒989-0271 宮城県白石市不澄ケ池68
  • 東北本線「白石駅」から徒歩で8分
  • 東北自動車道「白石IC」から車で7分

東北の名城を歩く 南東北編 宮城・福島・山形

飯村 均 編
室野 秀文 編

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。

最近の記事

  1. 勝楽山 高蔵寺 / 高蔵寺阿弥陀堂

  2. 小手森城跡

  3. 大森城跡

新着記事 オススメ 特集記事
  1. 勝楽山 高蔵寺 / 高蔵寺阿弥陀堂

  2. 小手森城跡

  3. 大森城跡

  1. 小手森城跡

  2. 大森城跡

  3. 国指定史跡 舘山城跡

  1. 人取橋古戦場跡

  2. 摺上原古戦場跡 / 町指定史跡 三忠碑

  3. 粟ノ巣古戦場跡

TOP