伊達政宗正室愛姫の逆修道場として創建され山中にはその霊廟が残る

宮城県中央部、黒川丘陵の東端にあり、国指定特別名勝松島の中心部に位置する旧宮城郡松島村(現松島町松島)。その松島の一角に老杉に囲まれた古刹瑞巌寺があり、凝灰岩の岩窟で隔てられた北隣には、伊達政宗の正室愛姫の逆修道場として創建された萬歳峰 陽徳院があります。

萬歳峰 陽徳院は、藩祖政宗の死後、落飾して陽徳院と改めていた正室愛姫のため、二代藩主忠宗が瑞巌寺住職であった雲居禅師を開山として請い、母生前の逆修道場として慶安三年(1650)に造営されました。のちの承応二年(1653)愛姫が江戸で没すると、遺骸は松島に運ばれ、陽徳院裏手の山中に葬られました。

愛姫の七回忌に当たる万治三年(1660)綱宗によって霊屋が築かれ、宝華殿と称されました。元禄十年(1697)火災により建物は焼失するも宝華殿は類焼を免れ、元禄十六年(1703)に再興、現本堂は三代目となります。また、大正十四年(1925)以来、陽徳院には禅の専門道場が設けられ、現在は拝観謝絶となっています。

萬歳峰 陽徳院へのアクセス

  • 〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島町内93
  • 仙山線「松島海岸駅」から徒歩で9分
  • 三陸自動車道「松島海岸IC」から車で11分
  • 現在は非公開のため見学はできません