宮城県宮城郡松島町

瑞雲峰 天麟院

伊達政宗長女五郎八姫の菩提寺で松島三霊廟のひとつ、瑞雲峰 天麟院。

宮城県中央部に位置し、平安期以来幾多の歌に詠まれた日本三景松島。文化財が集中するその町の南東部に、万治元年(1658)瑞巌寺洞水和尚により開山され、伊達政宗の長女五郎八姫の菩提寺で松島三霊廟のひとつと称される、臨済宗妙心寺派天麟院があります。

五郎八姫は、慶長十一年(1606)家康六男忠輝に嫁しましたが、元和二年(1616)に離縁。以降、仙台城西館に居住していましたが、洞水和尚に参禅して尼となり天麟院と号しました。天麟院は寛文元年(1661)に没し、遺骸は境内後ろの丘陵に葬られ、同三年四代藩主綱村が霊廟を建て、定照殿と称しました。

明治二年になると御霊屋が解体。明治二十二年には伊達宗基伯爵の墓銘による墓が建立され長らく仮霊屋とされてきましたが、平成二十八年に修復工事が完了し、現在の姿になりました。境内には創建当時に植えられたとみられる「天麟院のハリモミ」、伊達家の供養塔や歴代住職の墓が残る「天麟院洞窟群」も残されています。

瑞雲峰 天麟院へのアクセス

  • 〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島町内51
  • 仙山線「松島海岸駅」から徒歩で7分
  • 三陸自動車道「松島大郷IC」から車で10分

関連記事
福島市福島県

萬年山 長楽寺

福島市福島県

琥珀山 宝積寺

宮城県川崎町柴田郡

陽廣山 龍雲寺

大河原町宮城県柴田郡

医王山 持明院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です