追善供養として後世に建立された大崎氏最後の当主、大崎義隆公の墓碑

宮城県北西部、北上川支流の江合えあい川とそれに並行する鳴瀬なるせ川沿いに位置し、中世における奥州探題大崎氏の支配領域にその名が由来すると云う大崎市。県内の穀倉地帯として名高く「大崎耕土」と称される市域のほぼ中央には、慶長八年(1603)に没したとされる大崎氏最後の当主、十二代義隆の墓碑が二基建立されています。

ひとつ目は、江合川北岸の低丘陵上、化女けじょ沼の南西に位置する旧栗原郡川熊村(現大崎市古川川熊)で、県道165号「古川岩出山線」沿いの小字「寺前」(東川寺跡)にあります。農道脇にある墓碑には、右側に「天正十五年十月八日 大崎義高公」、中央に大きく「桂光院殿蘭庭窓薫大居士」と刻まれています。

ふたつ目は、江合川南岸の平野部と北岸の丘陵地からなる旧玉造たまつくり下野目しものめ村(現大崎市岩出山下野目)で、江合川北岸の小字「座散乱木ざざらぎ」内の草薙神社・三光渕不動尊の境内にあります。草薙神社の鳥居を潜り暫く進むと平場があり、正面に「大崎義隆公碑」、側面に「佐藤かつよ」と刻まれた墓碑があります。

天正十八年(1590)八月、小田原征伐への遅参の罪に問われて秀吉から大崎五郡の所領を没収された大崎義隆は、蒲生氏郷の客分として文禄の役に従軍し、晋州城の戦いに参加。後に上杉景勝に仕え、会津、あるいは山形で没したとされ、いずれの墓も追善供養として後世に建立されたものと考えられています。

関連記事

大崎義隆の墓へのアクセス

  • 〒989-6236 宮城県大崎市古川川熊寺前
  • JR東日本「古川駅」から車で14分
  • 東北自動車道「古川IC」から車で8分
  • 駐車場は、付近の国史跡「宮沢遺跡」の駐車場を利用できます

大崎義隆公碑

  • 〒989-6412 宮城県大崎市岩出山下野目座散乱木
  • 陸羽東線「西大崎駅」から車で7分
  • 東北自動車道「古川IC」から車で12分
  • 農道沿いの草薙神社の鳥居が目印