福島合戦の最中、政宗は泉性院境内の銀杏に馬を繋ぎ陣を構えたと云う

福島県中通り北部、阿武隈川およびその支流の中・下流域に広がる福島盆地の中心、福島市。市域北東部、摺上すりかみ川南岸の平坦地に旧信夫郡宮代みやしろ村(現福島市宮代・瀬上せのうえ町)があり、県道飯坂瀬上線沿いには、「宮代の山王様」と親しまれ、宮代山王宮、宮代山王社とも称される日枝神社と旧別当寺の山王山 泉性院せんしょういんがあります。

信達三山王のひとつである日枝神社は、信達二郡の農民から厚い信仰を受けてきた古社で、永承えいしょう年間(1046~1053)源頼義・義家父子が大山咋神おおやまくいのかみ大己貴神おおなむちのかみを祀り、信夫国府の鎮護として創建。その別当寺、泉性院は真言宗の古刹で、文永二年(1265)広泉の開山、元和九年(1623)宥光の中興と伝えられます。

慶長五年(1600)十月、白石城を出て国見山に本陣を張った政宗は桑折こおり筋進軍を指示、宮代表、松川南北岸で上杉勢を潰走かいそうさせ、信夫山に陣を構えて福島城下に攻め入りました。この戦いの最中、政宗は泉性院の銀杏に馬を繋ぎ、陣を構えて作戦を練ったことから「政宗駒繋ぎの銀杏」と呼ばれるようになったと伝わります。

この福島合戦では、宮代山王社の禰宜ねぎ上村新兵衛が政宗の陣に従って功を挙げ、翌年別当の泉性院とともに仙台城下町のひとつ、旧猿曳丁さるひきちょう(現五橋二丁目・土樋一丁目)に移りました。町名の由来は、猿引が住した為とも、新兵衛が猿を可愛がっていた為とも云われ、山王社はのちに向山の愛宕神社に合祀されました。

寛延かんえん二年(1749)九月、信達両郡六十八ヵ村の代表は、代官神山三郎左衛門の年貢増長策を協議するため山王社に集結し、翌十月、長倉村の斎藤彦内、伊達崎だんざき村の蓬田半左衛門、鎌田村の猪狩源七らを中心とした寛延一揆に発展。泉性院境内の念仏供養塔は、その一揆の犠牲者を弔うために建立されたものです。

日枝神社へのアクセス

  • 〒960-0116 福島県福島市宮代鍛治畑40
  • 阿武隈急行「福島学院前駅」から徒歩で14分
  • 東北本線「東福島駅」から徒歩で14分
  • 東北自動車道「福島飯坂IC」から車で9分

泉性院へのアクセス

  • 〒960-0116 福島県福島市宮代北口23
  • 阿武隈急行「福島学院前駅」から徒歩で16分
  • 東北本線「東福島駅」から徒歩で18分
  • 東北自動車道「福島飯坂IC」から車で10分