福島市福島県

山王山 泉性院

伊達軍の福島侵攻の際、政宗はこの銀杏の樹に馬を繋ぎ、陣を構えたと伝わる。

かつての福島城(現福島県庁)から北へ約6.5km、宮代と呼ばれるこの地域に真言宗豊山派の寺院「山王山 泉性院」があり、その境内のほぼ中心部に樹齢460年以上と言われる見事な銀杏の木が植えられています。

慶長五年(1600)十月の福島侵攻の際、伊達勢は信夫山(羽黒山)中腹の黒沼神社に陣を構え南下。一方の上杉勢も阿武隈川支流の松川付近で伊達勢に猛攻を加えます。その際、政宗はこの銀杏の樹に馬を繋ぎ、陣を構え作戦を練ったところから「政宗駒つなぎの銀杏」と呼ばれるようになったと伝わります。

泉性院へのアクセス

  • 阿武隈急行線「福島学院前駅」から徒歩10分
  • 東北本線「東福島駅」から徒歩15分
  • 東北自動車道「福島飯坂IC」から車で11分
About author

南奥羽各地の城館や神社仏閣などの史跡巡りスポットを浅い知識でのんびりと巡っています。大河は、独眼竜政宗、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。たまに壁紙やコラ画像を作ったりもします。
関連記事
仙台市宮城県

微笑山 江巖寺

伊達郡川俣町福島県

鶏足山 頭陀寺

二本松市福島県

二松山 安達院 称念寺

伊達郡桑折町福島県

大悲山 弘誓院 観音寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です